FC2ブログ

お盆に、一族みなで、ご先 祖様に手を合わす ☆☆☆

  • 2018/08/14(火) 02:49:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、夜中から暑く そのまま朝から、暑さの上乗せとなる天気となった。

そんなおり、

このお盆は、おやじの、十三回忌の法事と重なり、

一族みなが、集まった。

お和尚さんの あとについて、お経をあげる。

お経の文言には、すべて 粛々とした意味がある。

その意味を 問うても 意味がないという「意味」が説かれていたりするから、おもしろい。

また、阿弥陀如来様の光は、
人の言葉では、とてもいい表せないほどの光で、
その光が、悟りへと、導いてくださるから、ただ、信じなさい、
と 唱えていたりしています。

ブッタは、その光を、ただ、信じ、悟りを開かれたので、
「解脱」し、釈迦如来となられたのでしょう。

親鸞上人は、そのあたりを 当時、わかりやすく説かれ、

その訓えが、今、我が一族にも 慣わしとともに、智恵の光明として
触れさせてもらえている。

ご先祖様、このお盆の時期、ゆっくりこっちで休んでいってくださいね。

我が一族、みな明るくくるくる◯ーをしておりますので、

ついでに、一緒に、たくさん笑っていってくださいな◎

みなさんのご先祖様も、楽しんでいかれますように。

合掌


良き お務めをさせていただくと、西方浄土から あかぬ色の光が よく とどく・・・♪


226日目の名言は 
   
   「生きる意味があるか」と問うのは、はじめから
   誤っているのです。つまり、私たちは、生きる意味を
   問うてはならないのです
                   V・E・フランクル   ◯                                                  
   ☆私たちはよく、人生に対して「生きる意味はあるか?」と
    問うたりする。フランクルは、これを間違っていると諭す。
    問われているのは「私(たち)」である。人生こそが
    「きみは、私(人生)に何を期待する?」と問うている。
    この先、何が起こるかは誰にもわからない。私たちに
    できるのは、人生からの問いかけに対し最善をつくすこと。
    常に私たちは、「さて、どう生きる」と 
    人生から問われている。    

 
  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する