FC2ブログ

大失敗で落ち込み、やめる のは簡単。でも、それでは大 失敗のままにしておくこと を完成させてしまう ☆☆☆

  • 2018/08/09(木) 02:05:08

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、1日 小雨の天気。

そんな天気のなか、河川敷の野球グランドや、サッカーグランドには、たくさんの小学生チームが、練習に来ていた。

というのも、小学生の野球チームに入っている5年生の女の子が、
つい先日の夏の試合で、大失敗をして、
そのせいで、チームが、逆転負けしたそうな。

試合のあと、監督に、女の子が、もぅ辞めたいと告げてきたらしいのだが、

監督は「きょうは失敗したが、1度の失敗を乗り越えられないで これからの将来 どうする?その失敗を、乗り越えられるよう ただ練習しなさい」と 諭したらしい。

なんとか練習には、来ているものの、全然元気がなく、

監督は、秋の大会からは、新チーム体制でのぞむため、

その女の子は、チームの要として かかせないという。

そこで、元々、きょうは、チーム力アップのメンタルストレッチを
お願いされていたのだが、

この女の子のメンタルを 次の段階に進めていただきたいとなり、

みんなが練習中に、女の子と おはなし。

女の子のお父さんは、かつて、甲子園に出たらしく、

その影響で、小さいころから お父さんとキャッチボールを大好きで、自然に、野球が大好きになっていった。

自分が大失敗したときの試合を お父さんも見に来ていたらしく、
帰りの車の中で、お父さんから、
「あんなミスをしてしまうのは、おまえが試合に集中してないからだ」と、叱られたのだという。

自分では、集中していたつもりだったが、結果は、なにやってんだってとこに投げてしまったらしい。
自分でも、どうして、あんなとこに投げてしまったのか、今もってわからないらしい。

そこで、失敗をたくさんした選手のその後、どんな練習をしたのかの話しと、

一度も失敗をしたことない選手が、常に何を想定して練習をしていたのかの話しをしてあげて

お父さんとのキャッチボールが楽しかったときの気持ちを 思い出してもらい、

「遊び心」のある選手と、遊び心を持ち合わせていない選手のおはなしをして、どっちが自分の選手スタイルに向いていそうか、
仮に選択してもらいながら、さらに バカばなしを交え、おはなしした。

最後には、「秋の大会まで、いっぱい練習します」と 元気な声でいってくれた。

そのあと、チームのみんなのとこにもどり 

雨つぶが 少し大きくなったので、テントで読あそびして、

みんなとワイワイ。その女の子も、大爆笑していた。

キーワードは
「なにくそ魂ならぬ、なんてウンチなんだ魂」大大大爆笑(笑)(笑)))))

失敗をしないようビクビクするより、失敗するかもしれないが
のびのびプレーする方が、そのスポーツの奥を知り、楽しめる。


良き 反省とは、その失敗を乗り越えるための 新しいことを始めるタネを拾うことにある  ・・・♪


221日目の名言は 
   
   苦痛と失敗は行為者を 不幸にすることはできても、
   行為者の機能を 自ら掌握している行為者を
   はずかしめることはできない。
                  シモーヌ・ヴェイユ  ◯                             
   ☆失敗によって、結果的に不幸になったとする。
    しかし、結果的に失敗したとしても、何らかの意図があって
    挑戦した人の自尊心を傷つけることはできない。
    失敗するかもしれないと思いながらも あえて挑戦した人が
    持つ誇りは、結果によって傷つくような やわなものでは
    ない。わかりやすくいうと、
    自ら勇気を持って挑戦した人の自尊心を傷つけることは
    できないということ。

   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する