FC2ブログ

弥彦山のふもと、三条にて☆☆☆

  • 2018/08/06(月) 06:53:07

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

立山連峰を横目に、8号線を北へ流す。

雄山での神意を授かり、きょうは、大安吉日のため、

途中、糸魚川の天津、上越の居多、長岡の宝徳、弥彦に
お礼詣りをし、
   

第2回 新潟微人の会のみなさんに会いに 三条へ。

定刻となり、人生を楽しんで歩んでいただこうと、

まず、自分のなかの まじめな自分を 見つめていただいた。

そのまじめな自分は、

ダンナや、我が子に、平気で、賞味期限の切れたものを出せる わたしは、ほんとうに まじめといえるのか(笑)、 

まじめな自分は、誰も見ていないところでも、刷り込まれたまじめを
つらぬけるほどの真面目なのか、 

そんな喩えばなしをした上で、

楽しいことは、お金も、かからず、楽しめることや、

人のおかしいところは気がつくくせに、

当たり前のことに、自分が自分で気がつく、感性や感受性を、
きょうまで、生きてきた今のわたしは、気がつく力を持ち合わせているのか、いないのか、

あらためて、気がついてもらえるよう いくつかの言魂を飛ばした。

そして、最後に、1冊の絵本を読ませていただき おしまい。

楽しいことを 思い浮かべるだけで、楽しい感覚は、

いつまでも、自分の体の中に、生きつづける。

この感覚がサビないように、普段から、心がけることが、

人生を楽しむためのコツになる。

みなさん、最後まで、聞いてくださり ありがとうございました。


良き まじめとは、世がいう作られた「まじめをする」のではなく、自分で作くった ここだけは、ふざけていられないほど楽しいということを、まじめにし続けることをいう  ・・・♪


218日目の名言は 
  
   衝動に左右されて、知的判断をもっていない人は、
   自由の幻想を もっているにすぎない
                ジョン・デューイ      ◯                               
   ☆衝動に身をまかせてやみくもに逃げ惑っても、袋小路に
    迷いこんだり、高所から堕落したりしてしまうと、なんの
    ために逃げたのか意味がないということが やみくもには
    起きる。気まぐれや、気分のムラから他人をさけるのは、
    一時的には楽かもしれないが、結果を見れば得るものより
    失うもののほうが多い。衝動的な行いは、
    のちに自分の枷になり、自分を縛り、自分で自分の苦労を
    増やすことになる場合が多いので、そんなときは、一度、
    立ち止まって「自分を見つめ直すとき」との判断がいる。
    


    Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

新潟微人の会、再び

あきひろさ〜ん、第2回新潟微人の会、ありがとうございました😊😊😊
開催できましたこと、本当に嬉しかったです⤴︎⤴︎⤴︎
しかも、三条夏祭りの日に
素敵なご縁ですよね✨✨✨

まじめ病に陥らず、自分自身の感性を錆びさせずに、当たり前に気づき、平凡な幸せに感謝できる私でいたいと思いました
まずは、あきひろさんに出会わせてくれた息子に感謝しています

これからも精進いたしますので、よろしくお願いいたします
m(_ _)m

  • 投稿者: 白ごまお嬢
  • 2018/08/07(火) 00:10:10
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する