FC2ブログ

火星を 観ながら  バカばなし ☆☆☆

  • 2018/08/02(木) 02:51:08

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうも、30℃を軽く越える 晴れ。

夜中から、朝まで、友達の家の屋上で、

急接近の火星を、ワイワイいいながら観賞していた。

そのとき、天才アインシュタインの脳の話しをしていた。

というのも 友達が、

「あきひろさんが思う、天才って、歴史上の人物でも、だれでもいいんですが、誰ですか?」と聞かれ、

15人の名をあげたのだが、5番目にあげた名が、

アインシュタインと言った瞬間、友達が、「ぼくも、アインシュタインです」と テンション高く言ったので、

そこから、アインシュタインのE=mc二乗の話しになり、

最後は、「子どもの天才性を奪うのは?」という話しにもなり、

「天才」というキーワードで、語りあかした◎

神様が、誰の体の中にも、「天才のタネ」を 命を授けるときに、
カプセルに入れてくれているとしたら、

今、自分に与えてくれた天才のタネは、人知れず発芽しているか、
まだ、眠ったままか、

眠ったままなら、発芽したとき、

自分が、どんな「天才」になるのか、

その天才となった自分は、なにを、世に残すのか、

火星まで、一週間でたどり着ける乗り物を 創り出す天才が、

これからの新しい時代に、現れるかもしれない◎

アインシュタインの脳は、バラバラにカットされ、

現在、世界中の誰かさんがもっている。

それが元どおりすべて集まったとき、

その時代の脳科学は、アインシュタインの脳を

どこまで、「天才」たちが、「天才の脳」を、解明できるのか、
とても楽しみである。


良き 語り合いは、他愛もない話でこそ、もりあがる ・・・♪


214日目の名言は 
  
   天才は 彗星のようなものである
                  ショウペンハウアー   ◯              
   ☆天才は、たぐいまれなる才能を持つため、周囲の目には
    いつの時代も「変わったヤツ」と言われる部分をもつ存在に
    思われる。それゆえに、天才の素質が、幸せな生涯に
    かげりをさすことも多い。アインシュタイン、エジソン、
    ピカソなど、天才とうたわれた人物は、みな、
    凡人が作り出した社会からの軌道にはおさまらなかった。
    そこからすれば、常に時代の流れに寄り添い、何の批判も
    受けないことは、いつまでたっても、自らの天才の種を
    芽吹かないようにしている行為になっているのかもしれない
    
    

    Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する