FC2ブログ

我が子が実力を発揮できる、 できないは、母の「トゲ」が、 刺さっているか、刺さっていな いかが、大きく関わる ☆☆☆

  • 2018/07/30(月) 05:53:01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

台風の被害が、比較的小さい被害ですむよう願うばかりの中、

関東は、晴れ間となった。

各地で、小学生、中学生、高校生の夏の大会が、盛んに行われている。

そんななか、とあるリトルリーグを陰ながらささえるお母さんたちの会に お呼ばれした。

チームは、今のところ準決勝まで勝ち進んでいるとのことだった。

その中で、期待されながらも、なかなか結果がでない選手のお母さんたちから、

我が子が、試合で実力が出るように

どんな言葉かけをしてあげたらいいのかと、切実に聞かれた。

いくつか、こちらからも、我が子について どんな性格か聞かせてもらった上で、

母として、我が子のことで知っている部分を、

他のお母さんに、確認し合ってもらった。

すると、母の知らない部分が浮かびあがり、

どのお母さんも、「えーっ、知らなかった。あの子がそんなことしてるなんて」という類いの話が出た。

そこから、母が知っている我が子のことなんて、ほんの一部にすぎないという意識を、きちんと宿してもらい、

言葉かけの智恵ばなしをさせてもらった。

それで、練習を終えて集まってくれた子どもら選手たちに、メンタルばなしをした。

そのとき、ピンチのとき、または、ここがこの試合の山というとき、

自分は どうするか、一人づつ聞いて、

そのこたえで、積極性、能動的、主体的なこたえをした子と、

消極的、受動的、引っ込み思案的なこたえをした子が出たので別れてもらい、

お母さんたちにも、我が子の横に座ってもらい、

その選手の性格と、お母さんの性格が、一緒の母子と、

その選手の性格と、お母さんの性格が、まったく違う母子とに、

今度は、監督とコーチにも加わってもらい、さらに分けた。

すると、見事に、5つ(ABCDE)に分かれた。

そこで、Aのお母さんには、Eのお母さんたちに どんな言葉かけを普段家でしているか、
Bのお母さんには、Dのお母さんたちに、家に帰ったときの普段していることを話てもらい、
Cのお母さんたちには、我が子の友達のお母さんの普段の話を聞きにいってもらった。

すると、母の性格がもろ出ている家庭の子と、母の家づらと、外づらの違いが、我が子の性格に、もろ出ていることが、
おのおの、ハッキリわかった。

それがわかった上で、監督の考え、コーチの期待を 話してもらい、

一人づつ 「明るさ」を元にした傾向と対策を 話してあげると、

大爆笑連発になり、

最後に、優勝目指してチーム一丸となる願いをこめ、
1冊の絵本を読ませていただき、おしまい。

終わってから 打ち上げがてらの食事会のとき

監督やコーチ、数名のお父さんたちから

「あきひろさん、きょうは、ぼくらでは、とても言えない数々のことを言ってもらい ほんとに助かりました」とか

「いやぁ、ぼくの言うことなんかまったく聞かない嫁が、あんなに、素直に、ハイっていう姿を見れるなんて、なんか、ビックリしました(笑)」とか、言っていたが

バラは、トゲがあるが、そのトゲが取れないバラはない、との喩えばなしをして、

監督の視点、コーチの視点、普段我が子を支えている嫁を、一家の主として支える視点のおはなしもプラスしてさしあげた。

支える側を、支えていく側は、常に
「◯っぱいに負けない柔らかさと、心に折れないつっかえ棒がいる
」のである(大爆笑笑(笑)(笑)(笑)(笑)))))

良き 支えとは、適度にやわらかく、折れない軸をいう ・・・♪


211日目の名言は 
  
   我が家の窓の下で、咲いているバラは、過去のバラや、
   もっと美しいバラを 気にかけたりはしない
             ラルフ・ウォルドー・エマソン   ◯                             
   ☆バラは、他のバラがどのように咲いているかも、過去に
    どのように咲いていたのかも、気にしない。
    ただ咲いているだけである。人は臆病なので、自分の意見を
    述べるときも、周りの顔色をうかがい、過去の発言とズレが
    ないかと一貫性を気にしてしまう。バラのあり方に
    学ぶことは多いが、
    バラは、トゲが主役ではなく、花を咲かせるため
    常に あるがままに集中している、と
    学ぶことができる。

   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する