FC2ブログ

大人のしあわせは、わ かりにくく、子どもの しあわせは、わかりや すいものである ☆☆☆

  • 2018/07/26(木) 02:20:12

☆☆☆☆☆☆

朝方、多少くもり空がある、はれ。

昼からは、いつもの暑さを感じる温度のあがり方だった。

暑さしのぎに、駅地下の本屋さんに立ち寄った。

そのとき、やけに、「幸福」の文字や、「しあわせになる~~の方法」とかの活字が目に入った。

その文字が載ってる本や雑誌に誘われ、手にとる人たちを見ると、
みな女性陣だった。

その女性たちの、身なりだけ見ると、
みな しあわせそうな くらしをしていそうな女性たちに見えた。

なかなか、しあわせに見えることと、本人のしあわせとは、
一致しないのだろう。

そこへ、子どもたち数名が入ってきて、

目的の雑誌を見つけると、みな 

「あったね」
「うん」
「これで、みんなそろったね」といいながら 

目をキラキラさせ、レジに向かっていった。

レジを済ませ、帰り際の子どもたちの顔は、みんな、しあわせそうだった。

子どもたちの場合は、
しあわせそうに見えることと、本人のしあわせとが、
一致していることが多そうに思える。

この差に、大人のしあわせと、子どものしあわせの違いを
まざまざと感じた。


良き しあわせは、シンプルのため、まっすぐ しあわせオーラを放つ ・・・♪


207日目の名言は 
  
   幸せな者の世界は、不幸せな者の世界とは
   別の世界である。
              ヴィトゲンシュタイン                                                       
   ☆事実として起こっていることは変わらない。けれども
    その事実をどのようなものとして捉えるかは、幸せな者と
    不幸せな者で大きく違ってくる。物事には陰と陽があり、
    そのどちらに目を向けるかは人によりけり。
    晴れの日という事実で、「日差しが強くて日焼けしそう」
    「洗濯日和だなぁ」と、さまざまな尺度の解釈があるように
    その解釈は、幸せの世界の解釈か、不幸せの世界の解釈かに
    わかれる事実がある。



    Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する