FC2ブログ

母親が、よい子にしようとする ため、鬼の形相で接していれば 、我が子に「鬼」の部分が入っ てしまうのは当たり前 ☆☆☆

  • 2018/07/22(日) 02:38:04

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょう夏休み初日の天気は、チリチリと 肌が油であげられるような 晴れ(笑)

そんな天気に、車に乗り込むと、一気に 汗が吹き出す。

この暑さでの車内温度は、肉まんができる蒸し器状態である(笑)

さて、この蒸し器状態の中、車のエアコンが利かないとしたら、
みなさんは、どうするだろう? 車に乗るのやめる?

ぼくの場合、相棒的愛車ゆえ、それは元々ない。

すぐ、窓全開で、車内の暑さを外に逃がし、

外の熱風を少しでも、車内に入れ、空気の循環をする。

でも、信号でつかまるたび、空気循環が止まるので、
当然、汗が次から次に吹き出す。

そんな状態で、目的地に着いたときには、

Tシャツを来たまま、プールに飛びこみ、はい出てきた状態に変わっている(笑)。

7 月で この暑さ、これからまだまだ、8月の夏本番が待っている。

現時点での暑さをしのげずして、高校野球を見に、
聖地 甲子園には、行けない、と思いながら会場へ。

会場は、エアコンが利いて、パラダイス!(笑)

そこで「お母さんの明るい表情は、家の中にパラダイスをつくる」という ていで、

パラダイス言魂を飛ばしまくった(笑)。

最後に パラダイスを感じてもらえる絵本を1冊読ませていただき、
おしまい。

キーワードは、
「普段から優しい表情のわたしが、よい子にならせようと、心を鬼にするのではなく、
鬼が、鬼とバレぬよう 優しい顔して よい子に導こうとするのは、
ママ詐欺師である。ひぇーーっ、わたし、ママ詐欺師だぁー」(大大大大大爆笑笑笑))))))です。

我が子をよい子にしたければ、わたしが、母としてよい母の背中姿を常に見せれば、悩むことはない。

たが、鬼の心を持つわたしのことは棚にあげ、
我が子だけ よい子にしようとするから、悩むことになる。


良き 思いやりは、良きことをさせ続けようとした時点で、崩壊する・・・♪


203日目の名言は 
  
   自分は 妙薬をもっていると称する詐欺師は多い
                 ヴォルテール             
   ☆ヴォルテールは「哲学書簡」で、パスカルが「パンセ」に
    書いた言葉を引いた。なぜ、詐欺師の口車に乗る者が
    あとをたたないのか、それは、実際に効果のある薬・物が
    この世に存在しているからである。偽りの啓示や奇跡を
    信じる者は、本当にあった奇跡に対する信頼を、偽物に
    投影しているにすぎない。こうした勘違いは、
    識別眼を持っていないために起こる。ほんとの思いやりを
    身につけぬ限り その上で 何度でも同じような件で
    同じ失敗をする不幸がつづくことになる。
    

   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する