FC2ブログ

暑いことが間接原因と なり、我が子にあたって ちゃ、家庭から笑顔を減 らすことになる ☆☆☆

  • 2018/07/21(土) 11:58:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かまど的暑さの 晴れ。

地区の地場商業センターで 待ち合わせしていると、

R子が、アイスコーヒーを持ってやってきた。

ぼくに手渡しながら
「あきひろさん、わたしの海より深い愛情入り」といったので

「魔物の毒入りの間違いやろ(笑)」

定刻となり、おはなしを始め、

「自分が、こうなってほしい」と、チラッと思ったことが、

ほんとに、そうなる場合と、

そうならない場合とあるが、

思いきり「こうなってほしい」と、念じるように思ったことが、

ほんとに、そうなることが、少ないのは どうしてなのか、

氷のたっぷり入ったアイスコーヒーと、

氷がとけて ぬるくなったアイスコーヒーで、

説かせていただいた◎

そして、1冊の絵本を読ませていただき、

この暑さの中、体力的な疲れが出るタイプは、

ぬるいのを飲んでも、常温水分を体に採り入れるかのように
抵抗なく飲めるが、

この暑さの中、夏に、暑さを嘆いてもしかたないのに、
嘆いて神経的な疲れが出るタイプは、
ぬるいというだけで、ムカっときたり、カチンときて、
結果、水分を体に採り入れなかったりする。

それは、自ら、体調不良に向かう判断をしているのに、

自分では気がつかないほど、神経的疲労を受けやすい人である。

そんなあたりも、ついでに説きながら、

疲れを、神経的なものにしてしまうと、
家族とギクシャクして、家庭から笑顔が減ってしまっては
もともこもないので、
最後にグリム童話の中から1話をさせていただき、おしまい。

終わってから、R子らと、水出しコーヒーの美味い店に移動し、

「ほんと、あきひろさんが言うように、
暑いというだけで、
我が子に、あたるように声をあらげてたら、
家から笑顔が消えますね」と、キーになるところを
わかってもらえたようで、

水出しコーヒーも、格別の美味さになった。 


良き 表情 や 雰囲気は、暑さ寒さに関係なく、健全な健康管理からくるところが大きい  ・・・♪


202日目の名言は 
  
   疲れには多くの種類がある。そのうちのあるものは、
   幸福にとって ほかの疲れよりもはるかに
   深刻なじゃまになる。
                B.ラッセル                                        
   ☆肉体の疲れは、適度であれば幸福感をもたらしてくれる。
    深い眠りは健全な食欲をもたらしてくれる。けれども、
    神経の疲れは、幸福のさまたげになる。神経の疲れは
    「心配ごと」からくることが多い。悩みがちな人は、
    必要以上に考えすぎないよう、意識的に精神を
    おちつかせられるよう花鳥風月に触れる訓練をするのが
    いいだろう。

 



    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する