FC2ブログ

不平不満は、自分の耐え方 で、平穏幸福となる ☆☆☆

  • 2018/07/18(水) 03:02:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうも、あぶない暑さとなった。

炎天下の外は、アスファルトの照り返しも手伝って、

服を着たままサウナに入っているようなもんである。

子育ての会が終わって、そんな炎天下に、タバコを吸いに出た。

ぼくにとっては、一本の木の下の木陰は、オアシスとなった。

すると、Fお母さんが、
「あきひろ先生、きょうは、どこにいても外は暑いので、
中で、涼んでください。と言っても、中のお母さんたちも、エアコンが利かないって暑がっていましたけど」と、施設の中に入るよう誘いに来てくれた。

でも、ほどよい風が、木陰まわりに吹いて、十分涼しかった。

暑いという不平不満は、中学のころ、
炎天下での野球部の練習で、浄化された。

あの中学の野球部の夏の練習のとき、真夏の炎天下の中を、
アンダーシャツ2枚に、
ユニフォーム2枚で、全部で4枚着せられ、
学校まわりの約3キロを、10周させられたしごきを思い出せば、
その後のどんな、暑さでも、
「あの暑さを思えば、なんてことない」と思えるようになった◎

おかげで、寒いより、暑い方が 耐えられる皮膚を得た。

これは、なにも ぼくだけではなく、
野球部あがりは、わりと、暑い方が 耐えられる身体を得ているように思う。

その皮膚のおかげで、真夏の木陰で、十分な しあわせ気分を
味わえるようになった(笑)

そんなことは、Fお母さんは、知らないので、
その後、3度も、気を遣って 氷大盛りのアイスコーヒーを
届けてくれた。

中に入ると、お母さんたちが、ファイルをうちわがてら あおりながら、
「なんで、こんなに利かないの」
「ガスが入ってないんじゃの」
「もぅ、ここは、借りない」などなど

不平不満の乱射をしていた。

みなさん、暑い「中」、おつかれさまでした(笑)


良き 耐えには、自分の過去に、
「あのことを思えば」が在る ・・・♪


199日目の名言は 
  
   不幸だったり不満だったりするのは、むずかしくない。
   人が自分を楽しませてくれるのをまっている王子様のように
   すわっていればよい。
                      アラン                                
   ☆幸福になるよりも、不幸になるほうが簡単。
    例えばひとところにただ座り、動かず「幸福がやってこい」
    と叫んでいればすぐに不幸になれる。座り方にもよるだろう
    電車での長旅を「座ってばかりでつらい、退屈だ」と
    捉えるか、「車窓から見える景色をたっぷり楽しめる」と
    捉えるか、心がまえ一つで、同じ一つの出来事が、幸福にも
    不幸にもなるのである。


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する