FC2ブログ

山形市と、長井市で、胸お どる縁を授かった ☆☆☆

  • 2018/07/10(火) 10:58:03




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

朝方、13号線を、西蔵王高原へ向けながしていると、

青空と、緑の山嶺が くっくり浮かびあがった。

気温が、ぐんぐん上がりだした、am11:00ごろ、

かなりさまよって、西蔵王の山中にある、はらっぱ保育園の分園、里山保育園に なんとかおじゃました。

駐車場にて、園長先生と、長井市の横澤先生(おじき)が待ってくれていた。

すぐ、園児の待つ部屋にいき、読あそび。

あいさつをするだけで、笑顔が入道雲のように舞いたった。

絵本が、よほど好きなのか、「もぅ1回」と言われ、
数冊読ませていただいた。

園児のみんなぁ、聞いてくれてありがとねぇ◎

みんなと、最後に、ハイポーズ☆

園長先生と、横澤先生の出逢いの縁にあやかり、

また、ここ里山保育園に、おじゃますることになりそうである(笑)


次に、久しぶりに、柏倉先生が経営する 
喫茶「チャオ」におじゃまし、
約14年ぶりに、柏倉先生に お逢いした。

店内に、フェラーリが、張りぼてのようにおいてあり、
カウンター越しに、大盛り上がり。

柏倉先生が、満面の笑みを浮かべ
「あきひろ、おまえ、アイスクリーム食べる?」と聞いてきたときの表情が印象にのこる(笑)

こんな風な、久しぶりに出逢う「縁」も
ほんとに、心地よい。

そのあと、ヤボ用を済ませ、

熊野大社に、お礼詣り。

夜、長井ひなた道院にて、読あそび&おはなし。

新道院長のゼンちゃん先生率いるちびっ子から、大人まで
門下生のみなさんが、たくさん来てくださった。

絵本を読ませていただきながら、

少し、道場ゆえ、
寺の法話がてら、人生に必要な、「己こそ、己のよるべ」となる智恵ばなしもさせていただいた。

最後に みんなと記念撮影。


良き 縁は、ひょんなとき ひょんなタイミングで
笑顔とともにやってくる ・・・♪


191日目の名言は 
  
   消耗と再生の循環のバランスを崩してしまうものは
   基本的な幸福感を台無しにしてしまうのである。
                    ハンナ・アレント                    
   ☆消耗と再生は、消費と再生産と捉えてもいいだろう。
    たとえば、お金を消費したあとに、労働によって
    再生産しないと、お金は尽き、生活は困窮する。
    逆に、巨万の富を手に入れたとしても、それを消費
    しなければさらに稼ごう、よりよいものを生み出そうという
    再生産の意欲は生まれない。アレントいわく、消費する
    苦しみと再生の喜びが循環し続けることで、幸福は永続的な
    ものになる、という。
 



    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する