FC2ブログ

自分にとって、な にが大事なのか、 自分ぐらいは知っ ておくこと ☆☆☆

  • 2018/07/08(日) 09:12:00

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

移動中、バケツの水をひっくり返したような雨にみまわれ、

低速走行を余儀なくされ、しかなく、道の駅で雨足が弱まるのを待つこにした。

その際、休憩室のテレビで、日本中の大雨による土砂崩れや、浸水の被害状況を、知った。

被害者は、災害に 出遭って 初めて、

「自分にとって、なにが、大事なのか」を知ることになる。

「まさか、うちの地区で、そんなことが起こるとは」、

そのまさかが、起きるのが、災害なのである。

普段、なにもないときより、

「自分に、とって 大事なのは家族(友達)」とか

「自分は、この命道具さえあればよい」とか

自分の人生をささえてくれている「大事なこと(もの)」は、なにか、

自分で 自分を見つめておくことが

大災害に遭ったとき、比較的すみやかに、

起きたことより、これからデキることに、

心の姿勢を 切り替えて、始めの一歩を出せる。

  
良き 自分の見つめ方は、なにもない平穏な日常のときに
自分を知ること ・・・♪


189日目の名言は 
  
   自分の本性にしたがわないようにしていると、
   したがうべき本性が 自分のなかからなくなる。
                   ミル                     
   ☆自分の好みよりも、世間の好みや習慣を優先していると、
    次第に自分の好きなものがわからなくなってしまう。強い
    願望や素朴な喜びもなくなっていき、しまいには自分自身と
    呼べるものが何なのかわからなくなってしまう。ミルは、
    個性が発展すればするほど、個々の単位で活力が生まれ、
    社会全体も活気づいていくと見ていたのである。



    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する