北海道で、出会ったみなさん、あ りがとうございましたぁ ☆☆☆

  • 2018/07/06(金) 05:24:07

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どしゃ降りの夜中、南富良野から、札幌へ向かった。

朝、待ち合わせ連中と、北海道神宮をお詣りし、

久しぶりに、みなと朝マックしなから、
モーニング寺子屋(笑)

各自、自分ノートに控えたことを 年末までやるように☆
キーワードは、「今までの わたし嫌い」や(大爆笑)))))

そこを終え、雲に姿を隠されている羊蹄山を見ながら、
黒松内のマナベールへ。

旅で、吸収した元気玉を、おすそわけ(笑)。

で、次に向かったのは、森地区。

「人は一人では生きていけないが、人を頼りっぱなしでいいわけではない」を軸に おはなし。

そこを終え、お次は 最終地点となる 函館。

夕方、町に明かりが灯りだすと、函館山から見る

町の姿は、うす雲に、明かりが反射し 幻想的な夜景を
かもし出していた◎◎◎

そして、
「わたしが 明るくデキること」をテーマに、
言魂を飛ばした。

最後に、絵本を読ませていただき、おしまい。

Tっちゃん、sかちゃん、jんちゃん、おつかれ。

ね、真面目にやることが簡単で、明るく、いざしようとすると、
なかなかどうして、かなり難しかったやろ(笑)

それを自然と デキるよう、精進してやぁ☆☆☆

今回、北海道で、出会った すべてのみなさん、
ほんとに ありがとうございました(^-^)v


良き 学びの修得が、自らを守り、自分の人生に厚みをもたらす ・・・♪


187日目の名言は 
  
   啓蒙とはなにか。
   それは人間が、自ら招いた 未成年の状態から抜け出ることだ
                      カント                    
   ☆他人の考えに従う「未成年の状態」から抜け出せないのは、
    自分の考えに従う勇気を持てないためである。日本人は
    特にこの傾向が強い。カントは「真理を学ぶのが
    哲学ではなく、哲学的なものの考え方を学ぶのが哲学だ」と
    説いている。大事なのは、こたえを知ることではない。
    こたえのようなものを自分で考え、それに従う勇気を
    持つことである。



    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する