FC2ブログ

南富良野は、幾寅保育 所で読あそび&プチ子 育てばなし。さらに、 南富良野西小学校の学 童のみんなと、ワイワ イ読あそびし。夕方か らは、断捨離寺子屋と 、晩餐会(笑) ☆☆☆

  • 2018/07/05(木) 07:54:06



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

旭川の朝は、細かい雨。

M野先生、M田先生に、朝は、早くから見送っていただき、
心から「ありがとうございました(^-^)」状態で、南富良野へ。

待ち合わせ場所に着くと、Y子ちゃんが ナイスタイミングの
アイスコーヒー片手に、やってきた(笑)。

幾寅保育所に、着くと、Yみちゃんが、ナイススマイルで登場。

そして、園児のみんなに、読あそび。

年少さん、年中さんが、前に、どんどん詰め寄るぐらい、
明るいあかるい(笑)

みんな、聞いてくれてありがとねぇ。

次に、お母さんたちに 子育てばなし。

赤ちゃんのときから「笑顔」で、育ててあげることは、

赤ちゃんが、大人になったとき、ものすごい武器になる。

男の子、女の子、それぞれ、その子が持つ神様から、
授かった能力が出やすいよう、

お母さんの「笑顔」の子育てが、いかに、威力絶大か、

声を大にして、プチ智恵ばなしをさせていただいた◎

そこが終わって、昼から、

南富良野西小学校内にある学童、
「放課後 子ども教室 フレンド」に来てるみんなに、
読あそび&プチ人生ばなし(笑)。

いくつか、絵本を読ませていただきながら、

自分で考え、自分の人生をプロデュースしていくヒントを

大笑いしていただきながら、聞いてもらった。

みんな、聞いてくれてありがとねぇ。

スタッフのAいちゃん、Mみちゃん、Y崎さん、Uかちゃん、
ナイス時間を、ありがとねぇ◎


さらに、夕方より、自分で家を立てたセイちゃんちの

特別部屋(笑)にて、人生寺子屋。

さすが、セイちゃん。
きょうの寺子屋用に演出した、特別部屋だけあって、寺子屋にピッタリのキャンドルライトが、ゆらぐ◎◎◎  

いいね、いいね☆セイちゃんに、興味がある方は、
この度、寿郎社から、共著で出版の運びとなった、
「廃材もらって 小屋でもつくるか ~電力は太陽と風から~」を、
ご一読してくださればよろしいかと☆

南富良野に来たら、セイちゃんこと、川邊もへじをお訪ねくだされ(笑)。


そんなセイちゃんが用意してくれた、特別部屋で、
「小学校のときよりしみついた都合の良い わたしの、善悪の価値基準を、断捨離して、人生の厚みある、「徳」多きわたしに変わる」ための おはなしを、キャンドルの炎に合わせさせていただいた◎

Mゆみ、Uかり、Cはる、Aき、Yうこ、Aい、
「いい女」になるために、毎日、精進されたし☆☆☆

その後、1年ぶりの再開を祝し、ワイワイ晩餐会(爆笑・笑)

なんと、晩餐会に、セイちゃんが おもちを ふるまってくれようとして、
こがしてしまい、捧げもちとなった(大爆笑(笑)(笑))))

セイちゃん、カズくん、けんたろう、しゅうせい、ゆみちゃん、ようこちゃん、おつかれさま。

アツき、おっさんトーク、おもろかったわぃ(^-^)v

みんな、この夏、それぞれの「新たな自分」のために、
一つひとつ、動いていってやぁ☆

良き 晩餐会は、キャンドルの炎に、神様仏様が、あそびにくる(笑)  ・・・♪


186日目の名言は 
  
   最も習得がむずかしい算数は、自分の幸福を
   数えあげることである。
              エリック・ホッファー                     
   ☆人はときに「幸せ」の感覚が麻痺することがある。
    幸福があたりさわりのない日常の風景のひとつになったとき
    かつての「幸福」を「退屈」として感じてしまう。でも、
    この「幸福」は、しあわせが失われたことを意味しない。
    「慣れ」が生じただけである。たまには、今の自分が
    どれだけ「幸せなのか」、視野を広げ、数えてみることで
    ある。幸せは、日常にたくさんひそんでいる。

    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

あきひろさん、この度はありがとうございました。
お忙しい中、南富良野に立ち寄って頂けて光栄でした。
いい女になるべく、精進します!
次にお会い出来る事を楽しみにしております。
ご縁を頂いた事に感謝しております。
これからも、どうぞお身体ご自愛いただきますますの
ご活躍をお祈りしております。

  • 投稿者: 松鶴 愛
  • 2018/07/06(金) 12:28:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する