FC2ブログ

思いが先走っては、為せる ことが為せなくなる ☆☆☆

  • 2018/06/20(水) 01:05:09

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

昼から、気持ちいい 天気となった。

そんなおり、余震が続く関西の友人から、

「どうやったら、友達に希望をもたせてやれるんやろ」と投げかけられた。

「本人が、希望を持ちたいっていうてんのか?」と聞くと、

「いや、オレの経験上、こんなときは希望があった方がええと思ったから・・・」という。

そこで、今、それをおまえが思うことが、
どれだけ、その友達の意思ある踏ん張りを弱めるか、

また、今、ほんとに、おまえのその思いは、この時期でタイムリーなことなのか、

その友達は、そんなに、頼りないヤツなんか、

それと、おまえの経験上というたけど、その経験上で、出せる案は、
ほんまに、希望だけなんか?と

こちらから、投げかけてみた。

善意で、なにか、早めに友達のために動いてあげたい気持ち、

この気持ちを、しっかり自己点検しないと、

時期尚早では、大事な友達をキズつけることになりかねない。

そんなあたりを、友人は、最後に理解してくれた。

動くべきに動く、その機を見逃さないように、動くべし。


良き おせっかいがあるなら、それは、大事な人に バレずに動いてこそ為せる ・・・♪


171日目の名言は 
  
   見込みが多いものは、希望を引き起こし、
   見込みがわずかであるものは、不安を引き起こす。
   執着は不安の一種である。
                     デカルト                     
   ☆欲しいものがあるとき、手に入れられる確率が高いと思うと
    その瞬間に希望が満ちる。しかし、手に入れられる確率が
    低いと思うと、不安がわく。
    おもしろいのは、手に入れられる確率が低いと
    わかっているにもかからず、どうしても希望を
    捨てたくないとき、ここでわき上がるのが「執着」。
    これも不安の一種に数えられる、とデカルトはいう。
    手に入る可能性が少しでもあるから、不安を抱く。


    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する