FC2ブログ

また、大地震が起こった 大事が なきよう、心の底 から願う ☆☆☆

  • 2018/06/19(火) 12:57:10

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

朝から、関西の知人たちから、メールがバンバン鳴った。

「大丈夫です」
「生きてます」など、ドキッとする内容だった。

すぐ、テレビをつけ、チャンネルを回しまくって
大筋の事情を知った。

次なる大地震がこないよう、

ある神様に、お願いにあがった。

どうか、どうか、お静まりください。

そして、被害が少なくなるよう お力添えください。

また なにとぞ、次なる大地震が起きないよう、

「地の神様」に、よろしくお願いしてください。

今の人間は、昔の人間とちがい、

大地震で大災害の大被害に遭うと、

あまりの被害に、生きる希望を失うほど、弱くなっています。

そのため、どうか、
生きる希望まで、奪わぬ程度の揺れで、ごかんべんください、と。

なにとぞ、よろしくお願いいたします。

祓い給い、清め給い、静まり給い、幸い給いと、
かしこみ、かしこみ、日す。


良き 忍耐とは、耐えがたきことに耐えながら、明るさを失わぬこと成り ・・・♪


170日目の名言は 
  
   大きな苦しみがないときは、取るに足らない不祥事でも
   われわれをひどく苦しめ、不機嫌にさせる。
                   ショーペンハウアー                      
   ☆大きな苦しみがあるときは、ささいな苦しみは気にならない
    ものである。逆に小さいことにくよくよしてしまうときは、
    大きな苦しみに見舞われていないから、小さな苦しみが
    目立つことになる。ささいなことに胸を痛めてしまうときは
    そのささいなことに囚われるのではなく、
    大きな苦しみのない、順風満帆さに、目を向けよう。


    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する