FC2ブログ

ただただ お礼を言わせ てください。旅先で出会 ったみなさん、ありがと うございました。 ☆☆☆

  • 2018/06/18(月) 03:06:08

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、午後から、少し晴れ間がでた。

あとは、くもり。

太陽がのぞきそうで、雲にふさがれのぞけない空をみていて、

ふと、旅先のいろんなシーンが、脳裏に出てきた。

ドラマチックなシーン、

各地区の笑顔のシーン、

目をうるんだシーン、

子どもたちの歓喜するシーン、

若者が、ハジけるシーン、

踊ってるシーン、

暗かった顔から、明るくなった顔のシーン、

5月から、6月中旬まで、たくさんの濃いシーンをいただいた。

これは、出会った すべてのみなさんのおかげです。

心をこめ、お礼を言わさせていただきます。

旅先で、縁あって出会ったみなさん、

たくさんのドラマを授けてくださり、

ほんとに、ほんとに、平に平に、

ありがとうございました。

切に、ありがとうございました。

元気の素をいただき、ありがとうございました。


良き 生きた思い出は、未来へのエネルギー源となる ・・・♪


169日目の名言は 
  
   考えをよそへ向けようと努力すれば、
   目を そむけようとしている幽霊が一段と
   こわいものに見えてくる。
                B.ラッセル                       
   ☆感動を、あとで思い出すと、恐ろしさと紙一重のシーンを
    連想させることがある。そんなときは、
    いったん冷静になって その問題と向きあってみるのが
    望ましい。遊びや仕事で気をまぎらわせるのとは、
    ちょっと異なる感覚。良きシーンが、色濃く脳裏に出るのは
    一つの恐怖心が出る感覚に近い。幽霊は暗がりで、ちらりと
    見えてしまうから怖い。でも、もし明るい場所で
    直視すれば「なんだこんなものか」と、怖さも薄れるもの。
    感動は、幽霊(ゴーストチック)似た、脳裏への焼きつき方を
    するほど、脳との相性がいい。


    


   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する