FC2ブログ

涙と、笑顔の再会は、周りの人 々をも、歓喜させる  ☆☆☆

  • 2018/06/16(土) 05:29:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とある島、最終日は、台風6号の影響で、朝からどしゃぶりの雨かと思いきや、
うすぐもり、ときどき うすく晴れで

かなり蒸し暑い日となったが、館内は、快適な涼しさ。

そんななか、とある46才男性と、とある66才女性が、
約30年ぶりに再会するという 人生ドラマに

ぼくがらみで立ち会えた。

こっちまで、嬉しさが伝わる再会で、笑顔の中にも、

ジーンとくるものがあった◎

フィナーレに ふさわしい日となった。

波之上宮の神様、きのうの願い、早速叶えてくださり

ほんとに ほんとに ありがとうございました。

最後に、Kん、Mっ子、Iち、ほんまに、おつかれさん。

今回は、山ほどのドラマが起きすぎて、ここでは書ききれへんけど、
心に焼きついてるから、また、次、語りあおうぞ(^-^)v


良き 再会には、神様、仏様、ご先祖様が、巡り逢えるよう、糸が切れないように何十年も守り、
そして 龍神様と風神様が、それぞれの背中を押す ・・・♪


167日目の名言は 
  
   行動的な人間は 感傷的ではない。
                 三木 清                        
   ☆過ぎ去ったものには、感傷的な一種の美しさがある。
    感傷は、昔を思い出すときに湧き起こる。だがひるがえって
    未来に対して感傷的になるのは不可能。また、感傷とは立ち
    止まった状態のときに喚起される。行動的、アクティブで
    あることは、常に動いているので感傷にひたることはない。
    感傷から脱却したいのであれば、
    未来に向けて行動あるのみ。


  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する