FC2ブログ

益田東高校のみんなから 、「キラキラ」の明るさ をいただいた。ありがと うございました。 ☆☆☆

  • 2018/06/05(火) 05:18:06

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの、宇部の朝は、ひえた。

そこから 松陰神社へ。

さらに、そこから、島根県は、益田市へ

益田市の天候は、ゲキ暑◎

でも、ここには、むちゃ、うめぇ栗栗珈琲がある。

店には、え☆ちゃん、待っていた◎ そして、久しぶりに、マスターと会えた。マスターが、さわやかな白のワイシャツ姿で焙煎していた。

早速、アイスコーヒーを注文。

バツぐんに うめぇ☆☆☆ 超ーうめぇ(笑)

純度の高いカフェインを注入し、

いざ、青春真っ只中の高校生たちが待つ、益田東高校へ。

体育館に1年、2年、3年が、待ってくれていた。

50分しかないので、

テーマ、この高校のときの明るさは、未来に役に立つ、の ポイントを しぼりにしぼって おはなし。

前から 見ると、野球部と一発でわかる、青春ボウズ頭をしていたので、
一番キレイなオーラの1年男子の名前を教えてもらいにいった。

高校のときは、友達と、なにをやっても楽しい時期。

さてさて、そのポテンシャルを、ここの高校生は秘めているかなぁと
思いながら

僕の「明るさ」を養えた おバカな体験をおはなし。

途中、1冊の絵本を読ませていただき、みなの「明るさ」に
ゆがみや、いびつな刷り込まみがなくて、
ほんとに、ほっとした。

高校生のときまでに、一生をささえる「明るさ」を 
それまでの「まじめ病」の大人たちによって、奪われてしまっている子たちが山ほどいる。

昔のまじめを絵に描いたような生活指導部の先生は、
自分の人生で、明るさの体験が少ないため、笑顔がないタイプが多く、
高校だけの風紀しかみていないため、校則違反を厳しく取り締まり、青春期の子どもたちの明るさを奪っていったが、
今は、時代がまるっきり違うため、そのタイプの生活指導部の先生は、自分の精神性をきたすことになり、いなくなっていった。

それが、ここの益田東高は、生徒もだが、先生も、高校生と一緒になって、笑いながら明るく聞いてくれたので、

大大大爆発大大大爆笑が、何度も起き、時間を押してしまった(笑)

青春の「明るさ」は、キラキラしてるので、大好きである。

そのキラキラをささえる、きょうのキーワードは、

◯っぱい、である(笑)

野球部のみなさん、このキーワードで、
明るさを忘れない野球で、甲子園に来てくだされ。

君たちの未来に、心の底から 幸多かれ、と願う☆☆☆(^-^)

どうか、出雲に集まりし神様、彼らの「明るさ」に、「福」をお授けください。


良き 笑いと、明るさは、目も、雰囲気も、キラキラにさせる ・・・♪


156日目の名言は 
  
   陰気な人間は 十のうち 九までが成功しても、
   この九を喜ばずに、一の失敗に腹を立てる。
                   ショーペンハウアー                                              
   ☆結果が、幸・不幸、どちらにも転ぶ可能性があるとして、
    陽気な人間は「幸」になる可能性を喜び、陰気な人間は
    「不幸」になる可能性を嘆く、とハウアーは曰う。
    まして、スポーツの世界で、トーナメントなら、
    たった一度の負けで夏が終わる。でも、陽気で明るい人は
    十の内、九 失敗しても、一の成功をちゃんとみて、努力し
    がまんし、モチベーションがさがらない。
    だが、
    「失敗を恐れる」ことを青春までに刷り込まれ、明るさを
    奪われた人は、そのせいで、一の負なる結果に落ち込む。
    人生は、たった一度、負けただけで、終わらないように
    神様は、してくれている。
    何度も、チャレンジできるよう、
    笑いと明るさというアイテムも世に用意してくれてもいる。
    そのアイテムを青春期に、養っておくのは、
    世の中に出たとき、必ず、強い武器となる。




   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する