FC2ブログ

「つばき幼稚園の子どもたちと、お母さんたちの笑顔」

  • 2018/05/29(火) 07:31:08




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの鹿児島市内は、朝から しとしと雨。

たまに、やみかけたと思ったら、また、しとしとだった。

そんなしとしと雨を吹き飛ばさんばかりの子どもたちが待つ、

鹿児島の つばき幼稚園へ。

着いてすぐ、新園舎にいる未満児さんの元へ。

お部屋に入ると、すぐ、めんこい女の子が、
鼻先10センチまで、近づいてきた(笑)。

じゃあ、読むかといって、絵本を1冊読ませていただいた◎

そしたら、ほんとに綺麗なニッコリ笑顔になってくれたので、

つい、もぅ1冊読ませていただいた。

そして、帰ろうとしたら、男の子が、「もぅいっかい」と言ったら、

他のちっちゃいのまで、うんうんとうなづいたので、

特別に もゃ一冊読ませていただいき、「ほなねぇ」と
おしまいにさせていただいた。

すぐ、年少、年中、年長さんたちが待つ、ホールへ。

ついて、すぐ、前に行き「おはようございます」というと、

「バイバーイ」と言われたので、僕も

「バイバーイ」と言った(笑)。が、

なんとか、1冊、絵本を読ませていただいたら、

みんな、大笑いしながら、聞いてくれた。

次に、ぼくが好きな絵本を読ませていただいたら、

「バイバーイ」と言われた(笑)

そのとき、名言が飛びだした。

「おっぱいを嫌うと、地獄に落ちる」(爆笑笑(笑))

いやぁ、つばきっ子は、本年度も、おもろいなぁと思いながら、
最後に、神様に、触れていただこうと、

もぅ1冊読ませていただき、最後に みんなワンショット◎◎◎

もみくちゃにされた(笑)。

そのあと、来て見えたお母さんたちに 

いかに、母親の「笑顔」が、我が子の成長に、
こちらの大人が思っている以上の効力があるか、

子育てドリル5級のプチセミナーを開き、

3つの訓えを説かせていただいた。

このおっさんの話で、笑っていただけたのなら、

きっと、我が子と会話することでも、

お母さん方が、微笑まれる話が、我が子から聞けることでしょう。

子どもは、自意識が芽生えると、
家でも、気を遣い始める。

家で 気を遣いだして、子どもが のびのび成長するわけがない。

そんなことにならないよう お母さんの「笑顔」は、
なごやかな家になるもとなのです。

みなさん、最後まで、聞いてくださりありがとうございました。

次は、5級のテストします(笑)。


良き 母親は、笑いながら我が子を一人前に育てる ・・・♪


149日目の名言は 
  
   人は したいことをしないとき、したくないことを
   するときと同じくらい、うんざりするものだ
                   エリック・ホッファー                                                    
   ☆したくないことをしているときだけでなく、
    したいことをやらないでいるときにも、
    エネルギーを失っていく。逆に、したくないことを
    しなければいけない状況であっても、一部分「笑顔」
    だけでもしたいことをしていれば、
    そこまでうんざりせずに過ごせるだろう。
    人はしたいことの分だけ「楽しみの種」を持っている。
    我が子の成長は、親の楽しみの一つである。
  
   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する