FC2ブログ

「気持ちいい報らせのおかげで、1日、気持ちいい日となった」

  • 2018/05/28(月) 02:08:03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうの鹿児島市内は、気持ちいい晴れ。

気持ちいい晴れの流れにのって、

気持ちいい連絡が届いた。

難しい手術を余儀なく受けて、11時間の手術となったが、
無事、成功とのこと。

高千穂神社の神様、願いを聞いてくださり、
ほんとに、ありがとうございました。 

気分上々で、昼から 映画を観にいった。

阿部 寛 主演の「蚤とり侍」である。

これも、気持ちいい映画だった◎◎◎

無償で、貧乏長屋の子どもたちに読み書きを教えていた斎藤 工ふんする、友之介が、夜中に、腹が減り、ネコがたむろするゴミ箱をあさっていたら、ネコの親分に引っかかれ、そこからバイ菌が入ったのか、
虫の息になる。
その隣人であった、阿部 寛が、「◯を残すは三流、◯を残すは二流、◯を残すは一流という。一流の友之介さん、あんたは、死んじゃならね」
このシーン、今の時代にも、いや、これからの時代にも、

日本人なら 情けにほだされ、こうでなきゃと思うシーンであった。

このシーンは、スクリーンで観てたおかげで、1発で、脳裏に
焼きついた。

なんか、いいことないかなぁという人は、この映画は、他にも、
男気、女気、意気なるシーンがあるので、
観てはいかが・・・♪
 
夕方、桜島に、スポットライトをあてながら

あかね色の夕日が、気持ち良さそうに横になりながら
落ちていった。


良き 報らせは、人を気持ち良くさせるばかりでなく、なにかしらの「訓え」を授けてくれる ・・・♪


148日目の名言は 
  
   どこかの要人を夕食に招くことになっても、彼の機嫌を
   とるつもりはない。
   私は彼を 重要人物としてではなく、同じ人間として
   迎える
              ラルフ・ウォルドー・エマソン                                                       
   ☆偉い人に対して媚びを売る必要はない。他人の恩恵に
    よって、自分を引き上げようとするような安い打算は
    すてよう。相手がどれほどの権力を持ち、高い役職に
    ついているとしても、自分を偽らずに、対人間として
    相手の立場を重視するのではなく、誠実で丁寧な
    人間づきあいにこそ重きをおこう。

   
  
   Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する