FC2ブログ

こどもたちの笑顔を見 るために、親が、いろん なことを工夫して、我が 子と笑顔になる ☆☆☆

  • 2018/05/06(日) 03:04:02

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは こどもの日。

こどもたちが、外で、あそぶには、もってこいの気持ちよい晴れ◎

神様は、ナイス演出をされる。

あちこちで、こどもたちの笑顔の花を咲かせようとしたイベントが開かれた。

僕も、とある地区の14才までの こどもたちに、絵本を読ませていただいてきた。

一部は、8才まで、二部は、14才まで。

どちらにも、「こいのぼり」の話しをさせていただき、

その後、一部は、5冊の絵本を、二部は、3冊の絵本と、1枚の絵と詩を
読あそびさせていただいた。

そのあと、お父さん、お母さん、若いおじいちゃん、おばあちゃんに、物語のおもしろさを家庭に取り入れていただくおはなしを
させてもらった。

そして、少しだけ、バーベキューに参加し、雑談。

その最中、古いTシャツを240枚分ほどの

手づくりの こいのぼりが、父鯉、母鯉、子鯉と あがった。

ナイスアイデアの鯉のぼりだった☆

気持ち良く、気持ちいい空を 泳いでいた◎◎◎

その鯉に、

すべてのこどもたちも、空を自由に泳ぐように、

社会をも、川上に向かってのぼっていってほしい、と願った☆☆☆


良き 工夫は、身の回りを丁寧にみることで ひらめきが起きる  ・・・♪


126日目の名言は 
  
   どうもしっくりいかないと思う若い人たちは、職業を
   選択するにあたっては、可能な場合はいつでも、
   気心の合った仲間が得られるチャンスのある仕事を
   選ぶように。
                     B・ラッセル                           
   ☆自分の今いる環境と自分の考え方が合わない場合は、
    表面的に話しを合わせるときも、反発の姿勢を取ることも
    お勧めできない。気持ちの落ち着きが得られる環境と
    得られない環境とでは、自分の性格が大きく変わり
    環境がもたらす影響は心をきたすからである。
    

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する