FC2ブログ

「苦労」をしなが ら、新たなことを始 めれば、新たな「苦 」と出会い、その「 苦労」に、「苦」が 重なり、自らの目標 を叶えるための力を 培っていく ☆☆☆

  • 2018/05/01(火) 02:14:11




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、4月最後の日。

その最後の日に、大安吉日が重なって、

さらに、満月と木星が、同時に見れる夜となった。

朝から、ナイス晴れ。

午前中、2人のお父さんと会って、
それぞれ、大なり小なりの苦労をかかえながら、
自分が思う目標に向けての、苦労を重ね、
そこに、目標までのさまたげとなる壁に出会ったり
ゴールまでの道を はばまれる壁と出会ったりしていた。

さらに、昼から きのう日本武道館で、柔道の大会をやっていたのだが、その大会を見にきていた 高校の監督と選手ら5名とあって、
これまた、高みを目指した矢先、新たなる壁に直面し、
「苦」を背負っていた。

みんな、「苦労」をかかえながら、新たなことを始めようとして、
新たな壁が立ちふさがり、新たな「苦」に出くわし、
どうしたもんかと、智恵を求めているようだった。

ヒントばなしを 明るく、やんわりしてあげたら、
「さすが」と言ってくれた。

みんなと別れ、ここまで来たのだからと、
縁むすびの神様、また、「東京のお伊勢さん」といわれる
東京大神宮に、お礼詣りしに足を運んだ。

夜遅くに、雲がはれ、満月と木星がランデブーしながら
光の栄養を授けてくれた。

この4月、大安吉日の三峯神社で始まり 
大安吉日の東京大神宮で終わりを迎え、
ありがたき、年度始めの月となった。
 
ありがとうございました。

良き「苦」には、自分を卑下する予知が入らない  ・・・♪


121日目の名言は 
  
   苦しみは 天才が 効果を あげるための条件である。
                      ショーペンハウアー          
   ☆日々を送っていると、不満を覚えることが起きる。
    そのとき、ある人は、こんなはずはないと妄想の世界に
    逃げたり、物思いにふけったりすることで少しでも気を楽に
    しようとする。
    これが、創造、想像ともに源になったりする。
    不満や苦しみは、その人の才能発掘に一役かったりする。
    不満や苦しみから、才能が開花することを 
    自分だけは 忘れないように。 
    
    
   
   

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する