FC2ブログ

変わった天気には、変わっ たことに出くわす ☆☆☆

  • 2018/04/26(木) 03:08:02

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

きょうは、雨のち くもりのち 晴れとなる変わった天気となった。

そんな中、路地を歩いていたら、
つつじの花が、艶やかに咲いていた。

新宿の大型書店で本を選んで、駅に向かおうとしたら、

おじいちゃんら数名が、警察官4人相手に、
「それは、おかしいじゃろーが」と大声で怒鳴っていた。

おじいちゃんが、なにを おかしいと思ったのか、
興味がわき、しばらく 見ていた。

だんだん話しが、わかってきた。

おじいちゃんたちは、田舎からバスに乗り新宿に着いて、
さぁ、無事着いたし、まずはビールでも飲もうと
お店に入ったところ、

運悪く、そのお店のビールサーバーの故障で、
ジョッキビールが出せず、
店員が、ビンビールならありますが、といった

その言い方が、気にくわず、
もっと丁寧に客にはいうもんじゃろーが、と
一人のおじいちゃんが、店員に怒鳴ったら、
ほかのおじいちゃんまで、一緒に怒鳴り出し、

たまたま通りかかった お巡りさんに 店員が助けを求めたという感じ。

旅で、気が大きくなったのだろうが、
困ったヤカラなおじいちゃんたちである。

まだ、ビールも飲めず、周りからジロジロ見られ、
よけいにおさまりがつかず、
バツの悪さを 大声を張りあげてごまかそうとしたのだろうが、
大都会は、田舎の駐在所のお巡りさんのような、
融通がきかない。

年配の警察官の人が、
「せっかく旅に出てきて、怒るために出てきたわけじゃないでしょう。この新宿には、他にも、いっぱいジョッキビールを出してくれるお店がありますから」と言ったのを

おじいちゃん側の真摯風のおじいちゃんが受け、
「そうじゃ、他を探しに、もぅ行こーや」と言ったのを機に
なんとなく、おさまりをむかえた。

この週末から、ゴールデンウィーク!

多くの人が 旅をしに出かけられるでしょうが、
旅先で、自分の価値基準に合うか合わないかで、
カチンときて もめませんように・・・◎


良き 旅は、怒りを覚えることさえ「学ぶ姿勢」にて成す ・・・♪


116日目の名言は 
   
   われわれが通りすぎる町々。
   人は そこで尊敬されることなど気にかけない。
   しかし、そこに滞在するとなると、気にかける。
                        パスカル          
   ☆旅行先で、すれ違う人たちから「尊敬されたい」などと
    思う人はいないだろう。しかし、そこが、自らの
    生活圏、生活テリトリーになった途端、人の目が
    気になり、自分が、どんな人物なのか、
    どのような存在として見られるかを意識し始める。
    旅は、そういう意識から解放される気楽さがある。      

  Good Luck (^o^)/

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する