子どもたちが 夏休みの工作を 手に登校する姿をみた・・・☆

  • 2017/09/02(土) 03:39:01

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

台風の影響で かなり冷える朝となった。

そんな朝 大好きな トラジャのコーヒーを飲もうと、

コーヒーショップに入った。

本を取り出して 読んでいると 店員さんが

トラジャと ピーナッツを持ってきてくれた。

まず一口。 しみるなぁ。 うめぇー。 むちゃくちゃ美味い。

その美味さに リンクしたように 

本の ストーリーも おいしいシーンに突入。

と、そのとき 小学生の集団登校が ガラス越しに

通過してきた。

先頭の高学年の手には なにやら うすいミドリのビニール袋に

くるめてあるものがみえた。

次の子は ペットボトルの中に たくさん銅線が通っている
 
ロボットみたいなものを持っていた。

その集団をみて 思い出した。

夏休みが終わって 始めの登校日には 工作を理科室に

確か、並べにいくことを?????????。

その理科室には さまざまな 工作がならび

それを 見るのが好きだった。

あの子たちも 学校に 着いたら並べるのかなぁ。

おっさんも のぞきに いきたいのぅ。

きっと 並んだ 工作をみても、

昔とは ずいぶん様変わりしてるんだろうなぁ。
 
おっさんの工作で 今だに 覚えているのが

当時 あちこちにあった ファンタの自動販売機で買った、
ファンタのビンを 真っ立てに切って 

それで モーターつき、カヌーヨットを作ったことである。

あれは 先生も
「おまえ、ビンを真っ二つに立てに自分で切ったんかぁ?、この発想は いつもワルさしてるおまえらしいの!」といわれるほどの力作だった。

我が子が 作った夏休みの工作が 家にもどってきたら 

力作賞として リビングに飾ってあげてやってくださいな☆   
 
それでは (^u^) 

きょう 9月2日の花は つるコベア

花ことばは 変転

この記事に対するコメント

父との共同製作!

あきちゃぁーーん☆あきちゃんのブログに引き寄せられ、今朝は近くの喫茶店でカフェオレとトーストのモーニング(o^_^o)沁みましたぁ。
さて、私の工作の思い出☆小学一年生の夏休みの宿題、父と二人で作った工作は、団扇にポケットを付けた「団扇状差し☆」八割父の作品(笑)「典子はポケットに絵を描きな。」そう言われて、得意な絵を楽しく描きました。その合作が金賞☆父は本当に器用で、昔、家の庭にブランコ(簡単な造りだけれど丈夫な)を作って私たち姉弟を遊ばせてくれました。春夏秋冬、思い出だらけの私の人生に感謝感謝です(*⌒▽⌒*)

  • 投稿者: のりこ☆
  • 2017/09/02(土) 11:25:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する