☆自分には ただ一つ、これがある…というものを 自分で ちゃんと探すこと♪

  • 2017/06/13(火) 04:17:02

☆たぶん 今まで生きてきて 一度くらいきいたことがあると思うが

わたしという自分には わたしにしかできないこと を 神様は 必ず与えてくださっている、と。

この点を 多くの人が そうはいわれても 自分にはなにもないからと、ちゃんと 自分に備わっている「才」を 、

自分が意思をもって伸ばしていこうとする「能」力が少ないため

ここが自分に与えられた「才能」と言えるレベルまでいかない人が多い。

これは、自分に才があるのに、自分がかってに突出した才でなかったために

何をやっても普通、
または、平均より少し下、
または、ヘタだったからと、かってにあきらめてしまっている状態である。

こうなる心境の要因 の一つは
小・中の義務教育環境で9年間も 平均平均と刷り込まれりゃ 自分で、テストのたび、自分の知識の位置や順位をそのまま受けれ
ほんとは、別の視点から自分で気がつかなければならなかった才を
見落としてしまった状態といえる。

ヘタなことでも自分が好きなら、
好きこそものの上手なれの才と能が出会うし

子ども当時は平均ぐらいでも なんとなく 一番 自分がデキたものが これだったからと 続けていたら
継続は力なりの才と能が出会う。

これからでも遅くはない。

数々、刷り込まれてきた自分への垣根を、自分で超えて

自分が自分で眠らせたままの才を起こして

垣根の向こうで 待っている能力開花の景色を見にいってほしいと思う。

神様が 自分に与えてくれている才を

自分で ちゃんとみようと意思をもって見つけて

自分で自分の「才」と「能」を出会うようにイメージして 動いていってほしいと思う。

必ず、あなたしかできない才能がある☆

その証は、顔に出ている。

あなたの表情に浮かぶ、目(視力)耳(聴力)鼻(臭力)口(声力味力)肌(触力)は、

誰とも同じではない、オリジナルの才がすでに現れているのだから…♪

自分と同じ顔がない才が事実あるのに

自分には 才がなにもないと勝手に思っているのは、
今までのあなた自身。

顔が人と違うということは
考えや、目指すものが違って当たり前の才があるということ。

このまま、自分の才を、見落としたままにしないように。

それでは(^O^)♪

きょう6月13日の花は ジギタリス

花ことばは 胸の思い

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する