☆我が子が苦手にしていることは、我が子に任せること…♪

  • 2017/04/10(月) 04:12:03

☆きのうの ズーラシアが、よほどおもしろかったのか

かなり身体が軽い1日となった(笑)◎

ズーラシアの森林浴で スーパーイオンを吸ったせいかもしれない。

そんなことを 知人と打ち合わせしながら話していたら

その知人の近所にすむ母が 5年生の息子が 苦手なマラソンを なんとか 苦手でなくなるために なにか良い方法がないかと 立ち話で 相談されたという。

あるにはあるが

息子本人が 苦手を克服してでも マラソンを続けたいとか

マラソンが好きに なりたいのに、ぼくの身体は どうして 長い距離を走れないんだと悩んでいるとかでない限り

マラソンの苦手意識を改善させる知恵を貸しても

お母さんが 我が子にやらせようとする知恵ネタになるだけで

5年生の息子さん自身に活かされることは ほとんどない。

子どもたちの苦手を お母さんが関わって 取り除いておいてあげようとするお母さんは 多い。

だが 息子自身の未来で
その苦手なものがあったおかげで

誘われるように 息子にピッタリの道に行き着いたり

息子の能力が新たな運命への道へと 導かれることになったりするもの☆

そこを察してあげるのも 母の愛情だということに 気がついてほしいと思う。

それでは(^O^)♪

きょう4月10日の花は つるにちにち草

花ことばは 楽しき思い出

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する