☆つまらないと思っていたことを 気の合う仲間とやると おもしろさを 再び学べる機会となる…♪

  • 2017/03/23(木) 04:48:05

☆おっさんは
小学校のときから縄跳びを つまらないと思ってきた◎

高学年になった4年生~6年生になるまでの3年間、
必ず1学期中に 縄跳びのバッチテストがあった小学校で

4年生のとき
縄跳びの時間に 縄跳びをせず、縄をムチにして タイガーマスクのミスターXごっこをしていて 先生にカミナリを落とされてから 6年生のバッチテストまで いっさい縄跳びをさせてもらえなくなり 縄跳びの時間はつまらないと頭にインプットされた。

クラスの僕の席のとなりにいたN也が1級を受かりたいと
昼休みのたび一緒に1級のワザに出る、ハヤブサや3重飛び、後ろ2重飛びなどを練習して 僕はできたのだが N也は 後ろ2重飛びは 最後までできなかったのを覚えている。

1級のワザは 影ながら練習してできるのに バッチテストを受けさせてもらえないのは 小学生の多感な時期も手伝って 縄跳びの縄を見るだけで 頭にきた。

それからは 縄跳びは 大嫌いだった。

だが きょう 昔 出版社に勤めていた 気の合う仲間たちと落ち合ったとき
スポーツバックから 縄跳びを出してきて
「できる?」と聞いてきたので

2重飛びを ヒュンヒュンしながら 足を ステップさせたら

「やっぱり おまえにとって縄跳びは楽勝かぁ」と言ったので

「小6のときから きょうまで、縄跳びは大嫌いな道具の一つやけどなぁ」と言ったら ビックリしてた。

ブレイクダンスを趣味でやってた彼は
2年ほど前に、縄跳びをつかった シニアクラスのブレイクダンスのチームに入っているらしく
ゴールデンウイークに その大会があるらしく
その練習帰りに 僕と落ち合って
本番でミスをしないための メンタルストレッチをしてほしいとのことだった☆

で 難しいワザに挑戦しているみたいで

そのワザを見せてもらい、

あるメンタルストレッチを処方した。

処方がおわり、おっさんも やらしてもらうと

あれだけ 大嫌いだった縄跳びが

気の合う仲間たちとやっていると おもしろくなってきた。

今年は 学びの酉年。

大嫌いな縄跳びを 学び直すのもいいと思った次第である◎

それでは(^O^)♪

きょう3月23日の花は グラジオラス

花ことばは 情熱的な恋

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する