☆会社に行く自分と、休日の自分を 切り変えスイッチを用いていると…♪

  • 2017/03/22(水) 08:45:01

☆3連休が終わり

各人の日常が始まった。

休み感覚から、会社感覚に切り変えて会社に のぞんだ人もいるだろう。

この切り変えてのぞむタイプの人について

きょうは ほんの少し述べようと思う。

本来、地球上で一番脳が発達したホモサピエンスには
感覚の切り変えは必要ないほど
ホモサピエンスは、超高等動物のため、
環境に合わせて 瞬時に、意識せずとも自動的に切り変わるほど優れた生き物である◎◎◎。

だから、言語を生み出し、火をコントロールし、道具を編み出した。

これを 超高度変態生物という。

魚やカメレオンなどの擬態とはレベルのケタが違いすぎるほど
ホモサピエンスは みな、
動物界からみれば超のつくほど、
文字通り、変わった状態を何十年も維持できる<変態>なのである。

この変態機能状態が 働かない人ほど
ストレスキャリアで生きている。

ストレスキャリアとは ストレスを抱えたまま 毎日生きていける、さらに変わった特異体質的超高度変態生物の人のことをいう。

動物界では、ストレスを抱えたまま生きられない。
ストレスは死に直結する。

それをホモサピエンスは、意識一つで生きていけるのだから、やっぱり超変態生物ある。

毎日、会社にいかなければならない と 自分に課せて会社にいく人は

自分に使命を課せて 無理やり身体を動かしているため そのたびにストレスがかかる。

課せることで
<会社用の自分に、ストレスがかかるとわかっていても変態させている状態>のため

家に帰ったとき、その会社用の自分から解き放たれ、

3連休ともなれば、本来のホモサピエンス的自分のありように戻る。

そのため 連休あけには また 会社用の自分に変態するため、
意識して切り変える必要が働いたり

切り変える意識を働かせて、会社に行くための自分を、自分が自分で必要としてしまう。

この切り変えをやって

月曜日から金曜日までは 仕事用の自分、

土日祝日は 仕事用の自分から解き放たれた自分に戻ることを大人になればだれたって、

お父さんもやっていたし

会社に通う人は みんな切り変えをやっていると思いこんで

自分も、泣きごとは言っていられないと、切り変えをしてでも会社にいくを日々送っていると

ある日、誰かさんみたいに 身体を壊し

身体を壊して、会社から必要とされなくなり

家族からも 必要とされている感じがしなくなり

ウトまれている感じを 病室のベットで、もってしまった瞬間、

オレの人生は いったいなんなんだ!と 気がついて

気がついたときには 時すでに遅し、ということに……。

そんなことにならないよう

できるだけ 本来の超高等動物であるホモサピエンスとしての自動的に切り変わる身体を大事にしたまま

会社にのぞむような新しい自分、

会社であろうが家であろうが
休日のときの
:明るい自分で生きられる自分を、
大事にしようとする自分になるために:

今までの「切り変え」の考えを、「切り換え」てみてはいかが……と思う♪

なんせ、課せる身体は 一つ、

その身体に、命が一魂、

そして、その日は 一回、

その一回の繰り返しの人生は、
たったの一度しかないのだから…♪

それでは(^O^)♪

きょう3月22日の花は ぜにあおい

花ことばは 恩恵

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する