☆我が子のために という 自分のため 自分のためが 我が子のためになる♪

  • 2017/02/27(月) 05:17:05

☆和歌山の朝は とても さわやか。

昔の紀伊國は
一の宮が3つもあった。

その一番候補といってもよいのが、

その名も

日前(ひのくま)國懸(くにかかす)神宮に、お礼詣り。

この神宮は、

なんと、最初から、二社一緒に建立された。

その理由は

ヤタノカガミの
兄貴的存在のカガミで

アマテラスが 岩戸にお隠れしたとき

2枚のカガミを用いて

アマテラスを出そうとし

最初に 使ったのが 日前(ひのくま)

あとに 使ったカガミが 國懸(くにかかす)で

共に
超ぉが10コつくほどの
神々を祀る 神宮なのである。

その神宮に 旅のお礼詣りと

合格祈願と

婚礼祈願を

心をこめて お詣りさせていただいた。

そして

我が子のためにも ほどほどにを、合い言葉に

自分たち母が 楽しまなきゃ

我が子に、

生きるのが楽しそうな母親の背中姿は見せられないと、ということで

たのしそうに旅ばかりしている このおっさんに、

女性の人生の旅について、

何か おはなししてください、とのことで 会に おじゃました。

前に 立って

「今、毎日が たのしくてしかたない人ぉ」と言ったら

誰も 手を あげなかったので

「ほな、質問を変えて、毎日、何かに、感謝している人ぉ」と言ったら

1人だけ、手をあげかかったので、その人に「何に感謝してますか」と聞いたら


「え~っ!!わたすぃ…」

「わたしぃ~ってかぁ、おまえ、だれや! あきたけじょうかぁ」と言ったら 大爆笑(笑)☆

そんな会の始まりを迎え

最後に1冊の絵本を読ませていただくまで

大爆笑の会になった。

人生の旅には、健康はかかせない

それがあって始めて、自分の人生の旅を 楽しむことができ

楽しく人生の旅を、日々を送るには、感謝は かかせない。

そんなあたりを、
吉本新喜劇の楽しさと、

我が子が つかまり立ちをするようになったころの日々の成長を母として見たときの楽しさとに分け

ちょうど会場に
あきたけじょうタイプ
いけのメダカタイプ
こやぶ、すっちー、
内場&やすこ、しげじぃタイプがいたので(大爆笑)、

その方たちに、
楽しませる側と
楽しむ側で、なんの視点がちがうか

そして、楽しさと愉しさは、何がちがうかを肌で感じていただき

自分の人生の旅に活かしていただき

人生を楽しんだ人のことを「謳歌」と言うが

人生を謳歌していただくための極意として、
ポコポコヘッドを伝授させていただいた(大・大・大・大爆笑)))))。

そのおかげか、〆に
「もし みなさんが、これから誰かに、何かに感謝してますか?」と聞かれたらぁ?
「「家族にぃ~」」と たった数時間の会で、吠えてくれるまでに成長した◎

みなさん、最後まで楽しんでいただき ありがとうございました◎

おしまいに

はなちゃん コミちゃん のんちゃん
コーヒーのお世話 おおきに。

あしたから 自分の人生の日々に ポコポコヘッドを多分に 活かしてくださいな☆

それでは(^O^)♪

きょう2月27日の花は おおあまな

花ことばは 純粋

まさに いくつになっても 純粋がなにより……◎

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する