☆早く 目標を達成すれば 優れているようなイメージがあるが…♪

  • 2017/02/22(水) 02:42:04




小学校のときから いやというほど
目標を立て、それに向かって努力くし

少しでも早く、目標を達成するように、とイメージを植えつけられてきた。

目標を立てさせる側の大人たちは

それを言うだけで

多くの場合、自分たちは、目標を立てもせず、こうなったらいいなぁという、希望でもない、欲する気持ちだけを述べている。

または、目標を紙に書いて張ったとしても

その目標に向かって努力する背中姿を見せ続けてくれる大人は、限りなく少ない。

それが、世の正体である。

それなのに、目標を立て、それに向かって努力し、少しでも早く目標を達成することは良いことだ、

少しでも早く目標を達成することができるのは、それだけ優秀なあかしなのだ、というイメージが

世には、今だにはびこっている。

イメージだけが はびこるのは、

実際は、少しでも早く目標を達成しようとするより

じっくり確実に、少しでもミスがないよう、
時間をかけてでも確実に目標に近づいていこうとすることを

現に 優秀な人たちが実践していることの方が 確実に多いからだろう。


世には、いくつもの、現実とは程遠いスローガンであふれている。

これも、そのひとつ。

目標を立てて、少しでも早く目標を達成できるよう、
ひたむきに努力する背中姿を
すべての大人が見せ続けてくれる世が、
ほんとの現実になったら

そのとき、この国は、まちがいなく世界の頂点に君臨しているだろう。

スローガンに踊らされないよう

しっかり見極めることを 学ばないと……。

それでは(^O^)♪


きょう2月22日の花は むくげ

花ことばは デリケートな美

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する