☆小学校期のうちから、すぐ つかれたぁーと言っていると…♪

  • 2017/02/07(火) 03:14:01

☆この度、おもしろいレポートを目にさせてもらった。

小さいころから 親のマネして

近くのコンビニに
おつかいではなく
自分の欲するジュースを買いにいっただけで
つまり自分がしたいことであっても 少し動いただけで、
すぐ「つかれたぁー」と、言う小6の子ども100人と、

野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、卓球、空手、剣道など、運動部に入っていて、毎日厳しい練習をしていても、
「つかれたぁー」と言わない小6の子ども100人とを比較した調査で、

すぐ「つかれたぁー」と言う子どもたちは
1*62%が 肥満ぎみか 肥満で

2*10円を5分間に何枚立てられるか の 根気と集中力のジャンルでは 平均4,8枚、

3*1日の水分2,3㍑

4*睡眠時間8,6時間

5*自分の服を自分で選ぶか 約36%


対する 運動部で「つかれたぁー」といわない子どもたちは

1*約80が 健康体

2*一度コツをつかむと次々と立てる子が多く 「つかれたぁー」と言う群を 軽く倍以上離す 平均 13,8枚

3*1日の水分約1,8㍑

4*睡眠時間7,8時間

5*自分の服を自分で選ぶ の お洒落度は 約74%の子が自分で選んでいた。

ここで
その後の中学受験の合格率、
高校の合格率を
「つかれたぁー」と言う群と

言わなかった群を見ると

言わなかった群の方が

38ポイントも 合格率が高かった。

この点から

普段から つかれていても 「つかれたぁー」と言わない方が

スタイル、健康面、忍耐力、お洒落度(清潔感あるモテ度と置き換えてもよい)、ここ一番のときに睡眠短縮になっても能力低下が少ない、または維持、または向上をみせる集中力など、

プラス面が 何十点も増えることがあきらかになった。

と同時に

つかれたぁーと言う側は

のちに ほんとに疲れやすい身体になっていく傾向が高く、

そのマイナス面は
次々と 望まないマイナス面を連鎖させる恐れが非常に高いこともわかった。

そりゃ、感受性ゆたかな時期に

つかれた つかれた と言っていれば

ほんとに なにをしても、つかれる自分が どんどん造られていくわなぁ。

願わくば、社会に出て、
働いて 働いて 働き倒しても
望むだけの給金に届かぬ現実を味わって

大人になって ほんとうの意味で

疲れるとは どういうことなのかが
しっかり解るまでに

つかれたぁーと言わない自分を 手に入れてほしいと思う。

それでは(^O^)♪

きょう2月7日の花は 忘れな草

花ことばは 私を忘れないで

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する