☆人生は、長いとおもうなかれ…ですよ♪

  • 2017/01/19(木) 01:37:02

☆列車の中で

塾帰りの中学生の会話を聞いた。

A:「高校に受かったって、また3年後、大学で受験じゃんよ、で大学4年行くと、就職試験じゃん」

B:「大人になったら、あとは仕事づけ。あ~ァ~、こんな人生いつまでつづくんしょ、ガチつまんね」

A君も B君も

幼いがゆえ、25才からの一年が 恐ろしく早いのを知らない(笑)。

もし 結婚しようものなら
その速度が 加速するなど 夢にも 思わないにちがいない(笑)。

それに A君も B君も

自分の身が これからも 五体満足で
天災にも 事故にもあわない未来進路の思い描きの単純さに、

そんな 単純な人生が 起こっていたら

それは むちゃくちゃ幸せの連続だということも わからないほど若いことが ほほえましい(笑)。

さらに 受験の苦労とは
想像を絶する苦労が
誰の人生にも 起こりうる点が まったく抜けているまま会話をつづけている立ち振る舞いに

なんの苦労もなく、親に育ててもらってるんだろうなぁと思った。

ふと、ルソーの名言を思いだした。

ルソーは 人生を見つめて こう残した。

*なんとすみやかに 我々はこの地上を過ぎてゆくのだろう
人生の最初の4分の1は
その使い途もわからないうちに流れ去り、
最後の4分の1は また その楽しさを味わえなくなってから過ぎてゆく。
しかも このなんの役に立たない両端に挟まれた期間にも
我々に残された時の4分の3は
睡眠、労働、苦痛、束縛、あらゆる種類の苦しみによって費やされる。

人生は短い。 *と。

そう 人生は 短いと思って生きる人は

時の使い方の 愛情ある密度が違うのさ。

どうか神様、A君、B君が描いたしあわせな人生ビジョンどおりに行くよう 力を貸してあげてくださいませ。

それでは(^O^)♪

きょう1月19日の花は 松

花ことばは いみじくも 不老長寿(笑)。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する