◎大分県鶴見小学校のめちゃくちゃ明るい5年生のみんなと読あそび・・・♪

  • 2016/11/29(火) 04:12:08








☆大分県別府市の朝は

おだやかな天気となった。

そんな天気に ピッタリの

鶴見小学校の5年生のみんなに 会いにやってきた。

着くとすぐ ガマ先生が

満面の笑みを浮かべて

「よぅ来てくれた、おはよう」と 飛び出してきた(笑)。

ガマ先生と 久しぶりの再会で気分アゲアゲ。

5年生に会いにいくとき

ガマ先生が さらにうれしくなるエピソードを話してくれた。

それは 5年生の中に

きょうの おっさんの話しを 楽しみにしてくれてる子たちが

「きょう あきちゃんの話し2時間? 1時間?」と、ガマ先生に聞いて

ガマ先生が
「きょうは あきちゃんの話しは 学校もいろいろあって1時間じゃ」と言ったら

「なんだぁ~1時間かぁ」と 残念がってくれたらしい☆

そんなに、僕の話しを楽しみにしてくれてるなんて、なんちゅう うれしいエピソードやぁ◎

そのうれしさの勢いのまま

5年生のみんなの前へ。

ええ顔してるなぁ。

そんなみんなには

この5年生のときの、健康状態を

できるだけ長く保っていただこうと

体のノートのおはなしをさせていただいた。

絵本も キッチリ読ませていただいた。

目には見えないけど

みんなのそばに みんなのこと 一人一人に ちゃんと 思ってくれてる 〇〇〇〇にんげんがいる。

その人が 必ず ピンチには 力を貸してくれる。

最後に もぅ1冊読あそびさせてもらっておひらき。

そしたら このおっさんに お礼の言葉を 言ってくれる子が 数名手をあげて

それぞれ 自分の言葉で言ってくれた。

みんな ほんとに むちゃくちゃええ表情で聞いてくれてありがとねぇ◎

みんなに たくさんの福が 授かりますように・・・♪

うれしい ひととき ほんまに おおきに(^O^)☆☆☆


この記事に対するコメント

あきちゃん、今回もまたまた楽しくも深く子どもの心に降り注ぐお話ありがとう。早くも子どもたちは三学期を期待している(笑)。ところで、うちの司書さん、一年目なんですが、初めての仕事、初めて学校勤務、不安いっぱいの中手にした本はあきちゃんの本。で、数日前職員室の予定表で「ブックドクターあきひろさん」の名前を見てビックリぽん。えっ?ほんと?っていう感じだったそうです。あきちゃんの話が終わった後、即、図書室入口のお勧め本コーナーを入れ替え。「今日のあきひろさんの話の主題は命だと感じたので」その関係本を並べていました。この感性、うれしいなあ。そう言えば、俺があきちゃんに初めて会ったときも、その一ヶ月前、初めて受け持つ一年生との出会い不安を払拭させるために手にした本は「天の瞳」。そして、山ちゃんの電話、「稲尾さん、会わせたい人がいるよ。」即飛んで行くと眼の前に倫太郎、いや、あきちゃんがいたんだった。そんな話を司書さんにしました。縁ですね。やっぱし神様はいる!

  • 投稿者: いなおどん
  • 2016/11/29(火) 22:05:03
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する