☆気が若いお母さんがめちゃくちゃ増えたってことは、その気の若さが子育てに影響するわなぁ・・・♪

  • 2016/10/04(火) 04:56:01

☆昔のお母さんの多くは

子が授かってからというもの

朝早く起きて、夜遅くまで家事におわれ
ほとんど外に出る機会少なく、外食も年に数度で

その中で、我が子のための、どこに出しても恥ずかしくない我が子の子育てをしていた。

その内面は、心を鬼にしてでも、一生ハジをかかないよう、厳しくしつけをし
なんとか1人前にしようと
自分の見た目なんか後回しで、化粧っ気のないお母さんが たくさんいた。

時代は 移り変わり、

今は、結婚前からの仕事を続けたままのお母さんや、パートなど
仕事を持つお母さんが増え、外に出るお母さんが増えた。

外に出る機会が多いということは

少しでも、自分が若くみられるように

年齢的な服装も考慮し、みっともなくないよう 、
いつもキレイに 清潔に、気が若くと
回りの働くお母さんや、ママ友などの影響を受け
昔とは、大違いなほど
今のお母さんの多くは

自分の「美」への意識を持つ時間が増え、小綺麗になり

その分、気も若くなったため、
女子高生が使う言葉を40才のお母さんがバンバン使うようになった。

その気の若さでもって子が授かり
子育てしていけば

気の若さの意識は、自分の美意識にはいいかもしれないが

子育てには 考えの幼さにつながり

こんなことも知らないのか というような、
母親として 当たり前のことを知らないお母さんになり、
我が子に、大事なことを教えられないため
我が子もまた、こんなことも知らないのか、というまま育つことになる。

その気の若さは、我が子を育てるにつけ

成長のたび次々起こす諸事情に

気の若さからくる幼いものの考えのまま接する子育てになるため

いわば、世話好きお姉ちゃん感覚のお母さんになりやすく、

我が子が1人前になるように、母親として怒るというより

お姉ちゃんが、ただムカつくたび怒るような、怒り方で
我が子を育てているので

そんな怒り方をされた方は、
一生困らない人格が身につくために怒られたわけではないので

社会に出て 10年も立つのに 今だ 何をやらしても半人前という 我が子が増えることになる。

お母さんの気の若さは、
確実に、気の多さを生む。

そんな気の多さにつながる気の若さを意識するより

子育てをちゃんとしたいのなら

お母さん自身が、

我が子のために、常に1人前の母になる意識を持つことが

我が子をも 早く1人前にできる子育てをしていけることになり

あれもこれも、気に
してしまう わたしから脱却できて

ありのままの芯の強い母になれるのになぁ。

さて、さて……

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

お久しぶりです!

あきひろさん!お元気ですか?
杜陵高校の健太です。
今日かつひろ先生から7日に来るということを聞いて驚きました!
もうそんなに経ったんですね...。
時が経つのはほんとに早いです。自分は、名前に恥じぬよう元気にやってます!
では、金曜日楽しみにお待ちしてます!

  • 投稿者: 健太
  • 2016/10/04(火) 19:03:38
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する