☆子どもからは、いつもメッセージが発信されているのになぁ・・・♪

  • 2016/09/28(水) 04:31:07

☆1人の女性が、出産すると

その女性の脳内は、

それまでの脳から
母になるための脳にモードが切り換わることがわかっている。

これを母脳と言う。

この母脳は、我が子が ある程度成長するまで

ものが言えぬ赤ちゃんの素振りから、
言葉を話せるようになっても
我が子の素振りからメッセージを敏感に察知できる感覚を広げて、
我が子に危害がある恐れのあるものには、
ちょっとしたことでも早く気がついて、守るろうとする。

だが、我が子が小学校ぐらいになると
我が子に対して
あれもこれも、覚えさせようとする母親の欲求が強くなり、

そうすると、せっかくの我が子を守る感覚の母脳が

母親自身の欲のせいで
我が子を守るための、ちょっとしたことに気がつく精度が、格段におちる。

そのため 昔の母親たちの多くは
我が子のウソを、我が子の素振りから簡単に見抜けたのだが

最近の母親は 昔と違い、
スマホを手放さない母親が多く、
それは情報量の多い中で日常を過ごしていることになり
情報量が多い中で日々を送るということは
母親自身が
早く子育てから解放されて
自分のやりたいことへの欲が増えたり、気移りの多さにつながり

我が子のちょっとした素振りから気がつく感覚がおろそかになって
やがて、その感覚はなくなってしまい、

我が子から、直接聞いて 大事か大事でないかだけを判断すればいいという風に

本来、我が子を守るための母親のすぐれた脳機能が

自然を愛でる感覚を残していないと、
あっという間に縮小して、やがてなくなっていく。

今日では、我が子が、高校を卒業するまでは
我が子もまた情報量の多い日々の中で育つため
我が子が外で何かあったのか、
なにもなかったのか
そのメッセージも 家の中で いつも発しているのだが

母親のみなさんが
わたしばかりじゃないもんと、
そのまま情報量が多い中にいると
我が子の素振りで、気がつくものも気がつかなくなってゆくので
重々ご注意を!

できれば、我が子といるときは、
スマホをおいて我が子を見られればいいのだが
さて、いかに///◎

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する