☆まちがったとき、あせってもしかたないという切り換えができない人が多くなった・・・♪

  • 2016/09/03(土) 06:25:07

☆昔は

まちがいは誰でも起こす、
でも、そのまちがいを起こしたら

まちがいは まちがいとして受け入れ

すぐに
対処対応をするために どうするか考え動くことが

社会通念であった。

今は 保育園幼稚園のときから まちがいを起こしたら、すぐたしなめられ

小学校から大学までは

結果に主眼がおかれ、

大人になるころには成果主義的 内面心理が働くように仕上がってしまう。

小さいときから

クラスの中でも
友達関係でも
まちがいはゆるさない的雰囲気の中にいたり

親や先生の言動から、
まちがいを起こした人間は、
なかなか成功できない的要素が伝わる中で育てば

まちがいを起こすことに、
おびえてしまう心の一面も入ってしまう。

そのため まちがいを起こしたら
もぅおしまいだと思って
頭が真っ白になり なにも考えられず
フリーズを起こして止まってしまったり

まちがいを反射的に受け止められず
人のせいにしたり

まちがいを受け入れられないため、
自分のまちがいを認めず、
自分には非がないことを流暢に言えたり

言い訳をして、ある種の あがき を見せるのはいいが、
だからといって、すぐ動く素振りを見せるわけではない。

昔の人は

それは 人として

とても みっともない と 思われる所作的社会通念があったため、

まちがいをおかしたら
あせることなく
冷静に受け入れるのもあざやか

まちがいを 修正する所作も、
早くてあざやかって姿を
人として 善し とした。

そんなイキな所作を 見せてくれる大人が 今一度、
2020年までに、

世界に向け、

「おもてなし」を謳った日本人として、

ぜひ増えてほしいものである。

H也、E次、I志郎、W実、
ポケモンGOをして
まちがいを起こしても
また 取り直すことはできるやろう、

でも 〇〇〇〇の まちがいを起こしたときは

自分が生きていくために、

つまり、生きてくことの延長線上では、

取り直すことはできやんから

これからは、人生でミスったり、まちがえたら
恐がらず、あせらず、すぐ、
元から やり直すことやね。

生かさせてもらってることは、
やり直し続けさせてもらうこと也。

人間は まちがいを 起こすたび、
真に学ばせてもらえる機会を得るから

まちがいを恐れずに・・・・・◎

ほな、元気だけは忘れずに(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する