◇昔のお母さんは我が子が困ったとき「すぐに私に言いにきなさい」と,自信があるなしに言えた。それは…♪

  • 2016/06/17(金) 02:21:06

☆きょう とある地区で

お母さんたちからの デリケートな件について おはなしさせていただき

最後に
みなさんに

「かなりイタい話しもしましたが、最後に この2点納得していただけますか?
OKなら 〇〇〇〇べしてください♪」と言ったら

すでに みなさん 大大大爆笑しながら 〇〇〇〇べしてくださっていた(爆笑)◎

会が終わって

駐車場の僕の車まで
6人の自称母親の主催者のみなさんが(笑)

「きょうは、本当に、目が覚めました。自分が知ってること以内で
我が子を育てると、とても〇〇〇〇ってことが♪」とか

「昔、わたしが小さいころの、わたしの母も、友達のお母さんも、みんな確かにお母さんたちって、我が子が困ったとき、みんな自分が知らなくても、我が子が困っていることをなんとかしてあげようという姿勢を持ってたなぁって感じさせてもらって、改めてわたし、魔物決定だなって思いました♪」とか

「母犬が我が子と触れ合うってことと、
母ゴリラが我が子とじゃれるとき、
魔物の母が我が子を抱くとき、
あの触れ合い方より
人間のわたしの我が子への触れ合い方は、いかになってないか、
あのあきひろ先生の実演で、
いかに、わたしは、母として触れ合ってるつもりでも
我が子に響く触れ合い方ではなかったのかということが、むちゃくちゃわかりました。やっぱりわたし〇〇〇ですね♪」とか

いろいろ感想を言ってもらいながら 見送ってくれた。

女王アリ、女王バチ、女王バッタ、女王イナゴ、女王グモ、ミノムシ(笑)のみなさん、
コーヒーごちそうさん◎。

なんにせよ

我が子が 困ってるときは
昆虫的母でも(笑)

我が子をささえてあげようとする意志があれば
解決に近づいていくので
あの〇〇〇〇〇の気持ちをお忘れなく・・・☆

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する