◇中学生になった我が子と、高校生になった我が子が 今までと違う点があって当然・・・☆

  • 2016/06/14(火) 02:14:01

☆我が子が中学生になると

それまでの小学校時代の我が子と 明らかに違う点が現れる。

我が子が男の子の場合と

我が子が女の子の場合とでは

現れ方が さらに違う。

体つきに応じた おしゃれの有無、

新たな友達から受けた影響の有無、

クラブでの上下人間関係の有無などは
わかりやすいだろう。

そこの段階を経て

我が子が高校生になれば

さらに

行動興味の有無、

心理相互の有無、

自己決定の差違、

同調性の差異などが 新たに現れる。

そこを 多くの母親が 見落としてしまう。

我が子を幼いころから見てきて

この良い点だけは変わらないだろうと思いこみがあったり

この悪い点は しっかり注意してきたから もぅ直っているだろうと思いこんでいたり

ここは 母のわたしと通じ合っていると思いこんでいたり

我が子が なにをやりたいのか よくわからないという不安から、
いつも 真正面で向かい合うことから逃げてきていたり

我が子が今まで比較的言うことを聞いてきてくれただけだったりと、

まぁ だいたい 気をつけていれば
ほど良く我が子の気持ちを察知できていたことが

母のわたしの都合の良いスキャンでしか見てこなかったりすると

我が子が 子どものころから変わらないと 勝手な観で捉えてしまうため

我が子が ずっと同じだと思ってしまう。

そんなバカな・・・。

かつて あなたも 中学生、高校生のとき

いろんなものの影響を受けて

小学校のころと同じ感覚を

それぞれの代においてきたでしょうが。

我が子は 常に 変化して当然な時期を 今生きている。

そのことを

今のお母さんには特に 再認識していただきたい。

欲をいえば

我が子の自尊心の段階的確立には、目を向けてほしい。

わかりやすくいえば

いつまでも、ガキあつかいしてしまう母のわたしの心の中のなにかを、修正してほしい、ということ。

あなたも、昔、高校生にもなって
親から、ガキあつかいされれば頭にきたでしょ(笑)。

それは ないように・・・♪

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する