◇恋ごころを持っていることは 人生をゆたかにする◎

  • 2016/05/03(火) 02:40:01

◎我が子の発育にともなって

成長には 恋ごころを宿すことも入る。

世には 男 と 女 しかいない。

ここに ヤボな詮索や、小言を言うのは 品格の質を問われることになる。

比較的 恋ごころに 目覚めるのが早いのは、

女の子の方である。

でも女の子、男の子、ともに早い子は
保育園幼稚園の時期から 特定の人を「好きになる」程度の恋ごころに目覚める子もいるのは事実である。

そんな 恋ごころは 年頃になると 周りの女子同士、男子同士で 異性を意識する会話が 触発剤となり、ある種のスイッチが作られていく。

ある日あるとき、ふいに
恋ごころがわく場合もあれば

恋ごころに芽生えることもあれば

恋ごころに目覚める場合もあれば

女の子、男の子、それぞれ、恋ごころのスイッチが 突然入るときがある。

女の子は 年頃に恋ごころのスイッチができたら おばあちゃんになるまで
ずっと その恋ごころスイッチが 壊れないよう大事にしていくのが 健康維持、メンタル維持、人生のハリにおいて
とても 望ましい。

我が子が 高校生にもなれば

最近では 小学生6年生にもなれば

恋ごころのスイッチを入れて

ゲームの世界から

生身の異性へのアプローチを体験します。

もちろん 携帯というデジタルツールも使いますが

異性とのコミュニケーション能力は

若いうちに
ふりふられの青春を味わってこそ 身につくことを ふまえて見守ってあげてくださいね。


ワイアットという
イギリスのジャーナリストの名言をそえて

* 男は 目 で恋をし

女は 耳 で恋に落ちる


それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

恋心スイッチ作動中!

あきちゃーん(≧∀≦)☆実になる言葉に納得!高校生になった姪っ子と同じ、フレッシュな気持ち(笑)で恋愛スイッチ入れてまいります(`_´)ゞ

  • 投稿者: のりこ☆
  • 2016/05/06(金) 02:42:12
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する