◇我が子のためを思ってといいながら 母のわたしのためになる場合が多いこと

  • 2016/04/10(日) 07:15:05

我が子のためになることを
真剣に見つめた場合、

我が子を 日頃から良くみて

今、なにが好きなのか

なにを したがる性格なのか

また がまんは いかほどにできるようになってきているか

ていのいい 返事をしてないか

たべものは なにを好んで なにを嫌がっているか

なにを黙っているかなど

普段から よく見つめていないと

ほんとの我が子のためは 見えてこないものである。


そのため上っ面だけ見ていると

あの子は よく残すから 残さないように 食べさせることが あの子のためとか

兄弟ゲンカばかりしていたら あの子のためにならないとか

ちょっとしたことでメソメソしているから もう少し がまんできるようにしてあげることが あの子のためとか

それは、結局、

わたしが こんな子になってほしくない、という
「わたしのための子」になったりする

あの子のためである。

ほんとに我が子のためを思うなら

我が子が なにかに夢中になってるとき 声をかけないことが 我が子のためになることを踏まえたり

ハラハラしながらも
口を はさまず、じっと見守り
なにかで つまづいたとき
的確な 一言を述べてあげることである。

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する