◇我が子が高校生にもなれば お母さんの思い以上に お母さんのことを心配しているもんさ・・・◎

  • 2016/04/02(土) 01:15:06

きょうの 千葉は 晴れのような くもりのような天気だった。

そんななか

シングルマザーのみなさんの会に お呼ばれしてきた。

今回は

我が子が 高校生、大学生になって

これからは どういう風に かかわっていけばいいのか そんなあたりを聞きたいとのことだったので

事前に とあるDVD映画を 観て参加してもらった。

まず息子さんを授かっているお母さんと 娘を授かったお母さんと
どちらも授かっているお母さんにわけ

1冊の絵本を読ませてもらい

そのあと

我が子は
女手一人で育てて来ているわたしのことを どう思っているか 一人づつこたえてもらった。

その際、 自称 渡辺なおみさんから(笑)
「うちの息子は、よくその体系で 歯科事務できるなっていうので、たぶん わたしに痩せろよってしか思ってないと思います」と言われたので

おっさんは即、
「うん、それしかないね」と言ったら
本人含む みなさんの大爆発大爆笑☆☆☆となった(笑)。

全員お伺いして

さらに詩集の 一つの詩を 心をこめて読ませていただいた。

そしたら 今度は 一転、
みんな 涙をながされた。

みなさんが 少しおちつかれたとき

「これからの母親の関わりは、
{向こう側}の、我が子が関わってくるのを <待つ関わり方>が必要になるっちゅうこっちゃ」と

言魂を

きらびやかな赤のスパンコールのコスチュームにして
みなの心に 羽織っていただいた(大爆笑☆☆☆笑)

みなさん 最後まで聞いていただき ありがとうございました。

最後に

フーセン、とし、ゲタ子、ヒアルロン酸(笑)、

おっさんの コーヒーと タバコのお世話 ご苦労様でした。

きょうの 涙を 忘れやんように
容姿の美貌ではなく

母心の美貌を磨いてくだされ(笑)。

ほな またなぁ(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する