◇みな良い子をめざして育てているのに、みんな 知らず知らず罪つくりな大人側に育っていく・・・

  • 2016/03/27(日) 02:14:01

◎かつて 自分も 子ども時代に

大人の都合の良さ、理不尽さ、軋轢に 頭にきた体験を 持っていながら

いつの時代も

大人になると

かつての大人のような

都合の良さ 理不尽さ 軋轢ある言動を

子どもにさらす。

すると 罪を生むつもりがないのに

生みつづける大人という生き物があつまり社会をつくることになる。

社会をつくるということは

その軋轢だらけの社会の中で

まっすぐな感受性を持つ子どもたちが育っていかなければならない。

当然 多くの子どもたちのピュアな感受性が 少しづつゆがみ汚されていく。

慣らされるという方が 適切かもしれない。

どの家庭でも

せめて、我が子だけでも

できれば 良い子から 良い人へ
まっすぐ育ってほしいと 願う。

いったい どれぐらいの人が

良い子から 良い大人に 育っているのだろう・・・

そして

良い大人に育った人が

良い親になって

良い家庭を築き

我が子を 良い子に 育てているのだろう

また

良い子から、良い大人へ、育った人がいた場合、

その人は

子どものころの 罪がない状態を

大人になってもキープできているのか

ぜひ お会いして 拝見させていただきたいもんである。

それでは(^O^)☆

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する