◇大人が感受性を取り戻すのも やっぱり外に出て あそぶのがいいのさ・・・♪

  • 2016/03/11(金) 05:54:02

神様は 赤ちゃんから3年ぐらいたつと

まだ たぶんにものを知らない存在に

ものがわかるって たのしい、

ものを知るっておもしろい、と思わせながら

生きる力をつけられるよう

子どものころに 感受性という武器を 身体に備えてあるようである。

そのおかげで、

日々、ものを知って成長していき

やがて・・・大人になる。

大人になると

子どものころ
あんなにあった感受性が

ほとんど すり減っている。

子どものころ、ゆたかな感受性を もっていたとしても

本人が 何に興味をもっていくか

どんな環境で 日々を送ったかなどで

そのすり減り方が ちがっていく。

大人になったある日、

壁にぶつかり

子どものころの楽しかった一場面を思いだす。

そのとき

今となっては

なんで、あんなことが、
あんなに楽しかったのか 思い出せないほど、感受性が、すり減ってしまっている。

大人が

感受性を取り戻そうとしたとき

または わずかに残っている感受性を 少しでも ゆたかにしようとするとき

たくさんものを知ってきたはずなのに

その方法は まだ 知らなかったりする。

まぁ すぐできそうなのは

久しぶりに、子どものころのように

外に あそびにいくことだね。

大人の場合、
あそんで

頭からっぽなって

ようやく感受性を 取り戻すための 下地づくりができるからね。

とはいえ

それを やるか やらないかは

いつも あなた次第である。

感受性がないと、気ばっかりつかうことになるから ご注意を!

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する