◇あのね、昔は、日本語だけで だいたいの時間の頃合いがわかったのさ・・・♪

  • 2016/03/06(日) 07:28:08

このおっさんに

「いつも、夜中の時間帯にブログのアップがされていますが、あきひろさん、いったい いつ寝てるのですか?」と聞いてきた人がいたので

ぼくが「明け方にちょっと寝るかなぁ」と言ったら

「明け方って 何時ぐらいのことですか?」と聞かれたので

「きょうのブログで 上げとく」と こたえたので

昔のヤマトの民たちは
時計をもだなかったのに
日本語でだいたいの時間の頃合いを捉えていたので

それで おこたえしますね。

現在の0時~3時ごろまでを 「夜更け」

3時~日の出までを 「明け方」

日の出~9時ぐらいまでを 「朝のうち」

9時~正午ぐらいまでを 「昼前」

正午~15時ぐらいまでを 「昼すぎ」

15時~日没ぐらいまでを 「夕方」

日没~21時ぐらいまでを 「宵のうち」

21時~24時ぐらいまでを 「夜遅く」

それで 時間に おおらかな感覚を持っていたヤマトの民たちは

11時~13時までを 「昼ごろ」

9時~日没まじかまでを 「日中」

0時~を挟む1時間ほどを 「夜半」

夜半前2時間を 「夜半前」

夜半後2時間を 「夜半過ぎ」

以上で

だいたいの24時間の 朝昼夕晩夜夜中の どのあたりか

日本語で イメージできる感覚を持っていた。

ちなみに この表現は

これから

天気予報を 聞くたび かなり参考になると思う。

きょうも おっさんは

明け方に寝て

日の出とともに 目覚めることになるだろう(笑)

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する