◇鶴見小学校、6年生のみんなと 卒業しても活かしてもらえるおはなし&読あそび・・・♪◎

  • 2016/02/20(土) 01:44:04










きょうの別府は

小春日和◎

温泉に入っていきたいなぁと思うほど とてものどか(笑)。

鶴見小学校に着くと すぐ 6年生の男子2人が

おっさんの絵本箱を取りにきてくれた。

そして 体育館に入ると

みんなが「あきひろさん おかえり~ イエ~イ(笑)」と迎えてくれたので

おっさんも イエ~イと返した(笑)。

この6年生とは、2年前の4年生のとき

絵本作家の ももちゃんと

ワークショップをしたときに

感動的作品を生んだ縁から、

ガマ先生と共に

ことあるごとに、みんなの前に立たせてもらってきたので

なんか 思いもひとしおである☆☆☆

そこで、来月 小学校を卒業して

それからの人生に役立つ おはなしを させてもらうことにさせてもらった◎

みんなには 大学生クラスの哲学のおはなしを織り交ぜ

途中 1冊の絵本を読あそびさせていただきながら

みんなの 今の ピュアな感性と

幅の広いゆたかな感受性が

いつまでも 身体に宿ってもらえるよう願いをこめ

言魂を 飛ばさせていただいた。

そして 最後に こころの底から

みんなの卒業のお祝いを 言葉も そえさせていただいた。

みんな 約2時間も こんなおっさんの話しを

笑顔で聞いてくれて

ほんとに ありがとうねぇ◎

みんなの 未来に たくさんの 福が 授かりますように・・・☆♪☆

職員のみなさん

ありがとうございました。

校長先生、ガマ先生、

本年度 3度も ご縁を結んでいただき

ほんとに ありがとうございました◎

同じ学年で 3度も 招いていただいたのは

鶴見小学校の6年生のみなさんだけです◎

ほんとに ありがとねぇ。

また どっかで

このおっさんを見かけたら 声をかけてやぁ(笑)◎

ほな その明るさをいつまでも(^O^)♪

みんなとの思い出のショットを添えて・・・☆


この記事に対するコメント

あきちゃん、昨日はありがとうございました。4年生の時にあの子たちと出会い、そして6年生でまた担任、ありがたい出会いです。とても素直ないい子たちです、が、何かもう一つと感じていたものがはっきりしました。それは「○っぱーーーい」と大声で叫ぶパワーだったんです(笑)。卒業式の最後に叫ばせたいなあ。。本当にありがとう。体育館の後ろで何人かの子どもたちがあきちゃんの話を目を輝かせて聞いてる姿をいて、ああ、この子たちにとってあきちゃんはもう御客さんなんかじゃなくてほんと身近ないろんなすてきなことを学ばせてくれるおっちゃんなんやなあって感じました。その距離感が、子どもたちのいい意味でのゆるさがとーーーてもうれしかったです。ほんと、ありがとうでした。

  • 投稿者: いなおどん
  • 2016/02/20(土) 10:06:40
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する