☆人が、人のために動くことがで、人は情けを学んでいるのさ・・・♪

  • 2016/02/01(月) 04:48:01

☆人のために動ける美徳が この国にはある。

日本人は 察することに長けた民族であり

それが 情け深い恩情や

「おもてなし」を生んできた。

人のために動くことは

間違いなく良きことであるが

たった一度の人生を みながみな個々に授かっているため

自分が 自分のために動くことも良きことである。

ここをしっかり理解していないと

あの人は 肝心なときに力を貸してくれなかった的愚痴をたれ、
愚痴をたれた本人は
多くの場合、
自分がなんで始めたのか
自分はなんでかかわったのかの肝心なところを見落としていることが多い。

しっかり理解している人は

あてにしてた人が肝心なときに力を貸してくれなくても
愚痴をいうこともなく
あてにしてたところを、埋めるための動きを
たんたんとこなす。

だから 仲間はついてゆける。

そこに 人が 人のために動く節度と ありがたさ
思いやりや 深い情けを秘めたお叱りを

一つの学びとして受け入れられ

恩情、愛情、非情、余情、有情、無情、私情、感情などの
情操、情緒、情けを どんどん学んでいく。

それを
人のために動きながら学んで

人間として ごく自然の人情、
ついには「至情」を身についていくのである。

いいね、日本人わぁ。

それでは(^O^)♪

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する