☆正直は良いことが多いだけで すべて良いことではないのさ・・・♪

  • 2016/01/23(土) 02:15:01

☆子どものころから

正直は 良きことだと

教育の場でも

物語の中でも

いくつかの訓えでも刷り込まれてきた。

でも 自分が望もうと望もまいと

大人になると

正直が良いことばかりではないことを

少しずつ学ぶ。

利権や、自分の欲が絡めばからむほど

その学びの量は爆発的に増える。

すると、正直は 良いことばかりではない、と 体験から わ・か・る。

確かに わかる体験をする。

教わって分かる体験ではなく

感覚的に焼きついた体験をして わかるのである。

正直でいることは、すべて良いことに つながる、と 思っていると

腑におちない悩みに 出くわしたとき

なかなか出られなく恐れがあるので ご注意を。

こんな 世ですから

町には あんなに 隠しカメラがあふれ

ワイドショーの 1コマでも

週刊誌の ひとネタでも

政治家の 1つの答弁でも

芸能界、政界、出版界、マスコミ界、ちまたのネット界でも、

なに1つ、腑に落ちる正直な話しが、聞けない。

それは、みながみな、正直ではないことの匂いがする。

そんな世に わが子を正直で育てる場合、

誰の前では 正直でいられるか
ちゃんと そういう感覚を作っておいてあげる知恵を
子育ての中に織り込んであげておく必要が生じるようになってしまった。

ますます、
子どもは まじめで正直に 育てるより

ただ明るく!育てることが 求められるだろう

それでは(^O^)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する