FC2ブログ

子どものころは、間違いを繰り返して学ぶもの。一発目から そんなに怒るものじゃない!

  • 2012/02/29(水) 01:26:15

☆ ☆ ☆




やはり、どこもお母さんが
「そんなにキツく怒っちゃいけない」と思っちゃいるが
つい 怒ってしまうみたいだ。

それも いったん怒りだすと
おもいっきり怒ってしまうようだ。

おもいっきり怒られても、わが子が寄ってきてくれるから

また、いつものように
おもいっきり怒ってしまう。

それの繰り返しを
お母さんは、いつまでも続ける。

ところがわが子は、そうはいかない!

おもいっきり怒られて、いい気がするわけがない。

そこまで、おもいっきり怒らなくても・・・
まさか、こうなるなんて思ってもみなかったんだ!
オレだって、お母さんには怒られたくないから気をつけてるけど・・・
ほんとに、こんなことになるなんて思ってなかったんだ!
始めから、こうなるってわかってたら、怒られるのイヤだから、オレだってやらないよ!
なんでこうなったのか理由(ワケ)を話せっていうから、ちょっと理由を言ったら最後まで聞かず、
なにも、そこまで怒ることないだろ!っていう、
不満が わが子の心に蓄積貯金 される。

わが子が成長し
お母さんが気がついたときには
わが子との ちょっとした会話さえも、してもらえなくなる。

もし、返事をしてくれたとしても かろうじての返事が 返ってくるだけ。

その 母と子の 隔たりを縮めるには

もう一度、
年頃のわが子に

子どものころのように、お母さんに 寄ってきてもらえなければ、

わだかまりや、誤解もとけないし、
お母さんの真意が どこにあるのかも 伝えそこねるばかり。

だから 今 わが子が 寄ってきてもらえる あいだに

お母さんが 怒るとき

わずかで いいので がまんしてほしい。

おもいっきり怒りきれば、
わが子の心に 必ず しこりを残すから・・・・・

始めての、やらかしは、1発だけ、大声を張り上げたら
あとは、
「今度からは、用心しなさい!」
と、目を見て告げるだけで

わが子も、オレも悪いと思っている!と
今後の わが子自身の糧になるから☆☆☆☆☆☆☆

最後に たみさん のんち さこさこ、おつかれさん。

まぁ、わが子に 寄ってきてもえるうちに 笑顔で、な☆

キーワードは
「のっぺらぼう」や(大・大・大・爆笑☆☆☆☆☆)

雪道をゲレンデがてらすべってくけど
心配せんように!

ほなな (^O^)/

この記事に対するコメント

今年、山梨県へきていただいてからファンになり、4歳4ヶ月女児と7ヶ月男児の母をしながら、愛読しています。いえ、
私のためにも、よみたい、読まなきゃなのです
神様からの授かりものと、わかっていても、
怪獣に変化した幼い我が子に、鬼母の私は、ひどく当たり散らし、圧力をかけまくり。邪鬼が冷めては、夜な夜な猛反省する日々。
わがままなのは、お前の育てかたがわるいと、忠告を受けては
、ガッツリへこみ、、、主人にあたりちらす。 
腕のなかでは、乳飲み子が冷や冷やして、覗いている
!!よろしくないぞ!!
!!よろしくないぞ!!
私自身、両親がいないかわりに、短大は保育料に行って、今は育児書を読んでみるものの、優しく笑っている母にはほど遠い。
根が張らず、ぐらぐら意気地なし40前のおばさんは、見るも無惨な化け物だ
でも、
先生に出会い、少しづつではありますが、何かが、変わってきました。
娘のギャーギャーは、私の胸の中でしばらくすると静まり。息子は、ニヤニヤ乳を吸いながら、時々噛んでは、痛がる私に、声を上げて喜ぶ。
笑う私の顔は、笑いすぎて顔面筋肉痛。
主人にも、十数年、出会ってから一度も言ったことはないが、
娘に、お父さんと、結婚したの何で?と、聞かれ、大好きだから。と、恥ずかしさを押し隠しす私。
ぱぱはゎぁ?と、答えさせたい、娘と主人の追いかけっこ
さあ、楽しい運動会
こんな、ほかほかの日が続くように、また、私が鬼に化けないように
今日も、先生に活を入れてもらいます
もうすぐ、ひな祭り。また、好い風が流れそうです
今日は、日本中、雪の様子。足元お気をつけ遊ばして、お体大事になさってくださいね。これからも、よろしくお願いいたします(*^▽^*)

  • 投稿者: 李千花
  • 2012/02/29(水) 12:06:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する