FC2ブログ

子育ては、常に手探り。だからこそ親の声かけがたより・・・☆

  • 2012/01/26(木) 02:31:14

☆ ☆ ☆




子育てにパターン化なし!

子育てにデジタル化なし!

子育てに正解なし!

子育てに強制なし!

子育てに無反応なし!

最後に、

子育てに、遅いということは、なに一つなし!

わが子を育てるということは、
シナリオのない実践生活の連続!

親は、わが子の一生を通しての安全を望む。

親は、わが子の危機をできるだけ避けたいと望む。

だが、わが子は、いつしか
自分の意志で、

家という安全地帯から、夢をつかむため、たくさんの難関危機が待っている世界に、足を踏み入れてゆく。

親は、無事を願うばかり。

先がどうなるかわからない、親も、わが子も

手探りの未来。

そして、望まぬ苦悩が、わが子の身にふりかかる。

わが子は 八方塞がりの闇にいるような 悩みに落ちいる。

このとき 闇の中を

先が真っ暗で見えなくても、
確かな足どりで 歩めるか
歩めないかで

わが子が 悩みの闇から抜け出すか

だってだってと動けず 悩みの闇から這い出せないかの別れ目を向かえる。

このとき、わが子が
悩みの闇から抜け出せる力を発揮する方だけ言うなら

それは

幼少のころ、どれだけ親に あったかい声かけを、もらっているかできまる。

親が、手探りつづく子育ての中で

常に、声をかけて、育てたか。
優しい一言、あったかい一言、はげましの一言、感心した一言、思いやりを秘めたおはなしなど

そんな親からの声かけをもらっている子は、

例外なく 苦悩の闇の中で親の声をたよりに

ちどり足になってでも歩み
自らの力で抜け出してくる。

闇の中で、わが子は、幼少のころに親から かけられた声を必ず聞く。

暗闇では 声や音が頼り。

悩みの闇の中で聞こえる親の声ほど
安心感につつまれることはない!

大人でも 実際に暗闇に ほうりこまれたら
信頼する人から 励まされた声や
大好きな人から言われた、うれしかった一言が聞こえる。

ちなみに、指先が目の変わりになったりする。

その武器は 今、わが子に、子育て真っ最中の生活の中で授けられる。

言い方を変えれば

今、母のわたしの声を
わが子に授けてあげられる真っ最中の期間である!

わが子の未来において

危機せまる悩みの闇から抜け出してもらえるよう

お母さんの声で
飾らずに
わが子に声かけしてあげてください・・・・・♪


それでは(^O^)/

この記事に対するコメント

苦悩の中にいる息子・・・
かろうじて、苦悩をかすかに口にするけれど・・・
根掘り葉掘り聞く気には、全くなれず・・・

寝る前に
「明日、朝おかあさん走ろうと思うんだけど、走るか」
と、誘ってみる。
「う・ん」

今朝、吐く息真っ白に中、ふたりで、走る・・・
「高速道路の明かりがきれいやな~」と息子。
「ホントや~」と私。

家に帰って、柔軟して、
「明日も走ろか」と私。
「う・ん」と息子。

そうやって、一日が始まった・・・今日の出来事。

  • 投稿者: クーかあちゃん
  • 2012/01/27(金) 20:43:35
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する