FC2ブログ

一つの幕が閉じ、新たな幕が開けた ・・・☆☆☆

  • 2020/10/31(土) 03:08:15

きょう、10月30日(金)は、朝4時すぎに、
いつものように、ブログをアップしようと、送信したら、
突然、「このメールは、使えません」と表示され、

そこから、わけがわからないまま、iPadとの格闘がはじまり、

朝9時ジャストより、auのサポートセンターに電話し、
オペレーターが、「より詳しい者に代わります」と、3人も代わり、

あげくに、
「これは、もぅ、アップルさんに、直接、聞いていただくしか、なんとも、なりませんね」となり、

今度は、アップルのオペレーターに、遠隔で入ってもらって、その原因を探してもらったのだが、1人目ではうまくいかず、そこから、「より、スペシャルな者に代わります」と2人をはさみ、最後に、最高スペシャリストTさんが、登場し、
「すべて、チェックしましたが、iPadの不具合ではないですね。考えられるのは、バージョンアップによる、auさんとの電波受送信が、うまくいってないことが考えられます。
そこで、ぼくの権限を使わせていただき、auさんの、スペシャル顧問に、ぼくの方から、この案件を申し伝え、必ず、お客様のこの問題を、解決させていただきます。
すでに、5時間たっておりますが、なにとぞ、解決まで、今しばらく、ご猶予をいただければ幸いです」となり、

30分後、auのスペシャリストK上官から、連絡があり、
「誠に申し訳ございません。一刻も早く、解決に向け、すぐ、取り掛かります。まずは、遠隔で、auでの対応で、考えられる不備を徹底的につぶしていきますので、その都度、ご面倒おかけいたしますが、なにとぞ、ご協力のほどよろしくお願いします」と、始まり、

3時間後、
「すべて、つぶして、受信は、改善され、あと、送信だけが、これだけやって、うまくいかないとなると、考えられるのは、今回のバージョンアップによる世界基準に、そぐわないアドレスの可能性があります。お客様のアドレスを、今から、照らし合わせて参りますので、今、しばらくお待ちください」となり、

「やはり、今回の、バージョンアップで、お客様が、ツーカーの時代から、使っていただいた、このアドレスでは、これからの5Gの時代に、対応が利かなくなることがわかりました。たった一つ、世界基準で、使ってはならないとされた、組み合わせのアドレス個所があり、そのため、新しく、アドレスを、変更していただかなくてはならなくなりました。
誠に、申し訳ございません。もし、今、新たな世界基準に適したアドレスを教えていただければ、すべて、面倒な操作は、わたくしが、20分以内で、必ず、組み換えますので、いかがでしょうか」となり、

ツーカー、Jhon、KDD I、auと、25年に渡り、愛用してきたアドレスが、幕を閉じた。

この2度手間、3度手間の、ネズミ年に、au と、アップルの、スペシャリストの力を借りても8時間の手間がかかった。

おそるべし、2020年の ネズミ年。

でも、まあ、この手間年の、干支始まりに、すぐくる5Gや、のちの7G時代に向け、

コテコテの昭和のおっさんの、新たな アドレス時代が、幕を開けた。


ねずみ年の智恵聖人  子(ね)の 305 は…  (^∀^)

☆聖マルティン・デ・ポレス
この聖人は、とりわけ「人種差別、異人種間に生まれた人、人種間の調和」を守護する聖人。
◯属性: 同じ皿で食べる犬・猫・鳥・ハツカネズミ、ほうき)
(この聖人が守護する対象: 人種差別、異人種間に生まれた人、人種間の調和、社会主義、公的教育、テレビ、ペルーの公衆衛生、動物、混血児、理髪師、黒人、ホテル従業員)
(この聖人のゆかり: 1579〜1639年。スペイン系貴族と黒人の私生児としてペルーのリマに生まれ、私生児として育った。12才のとき当時は外科医が兼業していた理髪の弟子となった。15才でドミニコ会に手伝いとして働くことになるが、徳の高さが認められて修道士となり孤児院を設立。病人の世話をし、貧困に苦しむ人々を助けた。とくにアフリカから連れてこられた黒人奴隷や原住民を支援した。生前、死後も奇跡を起こし、動物へも愛情を注いだ聖人として有名)